2018-02-03 17:46 | カテゴリ:柑橘類
来週はまたまた寒波が襲来するらしい。
もう既に柑橘類の若木は大分痛めつけられていますが、
追い打ちを掛けるように冷え込みが居座る予報です。

昨日は珍しいうっすらと茶畑に積雪もあり、
今冬の冷え込みは半端ないです。

下の畑2で結実中の「不知火」ですが、
3月まで樹上完熟を目指していましたが、
この異常寒波では持ち堪えられそうに無いので、
渋々回収しました。

”シラヌヒ系のうち糖度13度以上のものを選択して「デコポン」の名称で商品化”は、
柑橘類では珍しい全国規格のようです。

形は似ても糖度が13度以上であるか否かの確認前は「デコポン」とは呼べません。
収穫果は1ヶ月以上保存します。

冷害で葉も白っぽく霜枯れています。
石灰硫黄合剤を散布していますので、葉や実も汚れています。
1siranui180203.jpg




茶色っぽい葉も見られ冷害がみられます。
1siranui180203_003.jpg
こんな状態でしたので、
仕方なく本日回収しました。



来週の寒波の前に収穫して、
保存します。
1siranui180203_006.jpg




初生りの「不知火」ですが、
玉サイズはまずまずでしたので残念です。
1siranui180203_007.jpg




そんな寒さ厳しい下の畑1では
「カリン」の新芽が順調に芽吹いていました。
1karin180130_002.jpg
春よ来い!!

::

2018-01-29 13:52 | カテゴリ:
今冬の冷え込みでは、
例年であれば既に開花が始まっている梅がまだ黙りです。

落葉果樹にとっては寒波で遅れ気味の開花の方が
遅霜被害も少なくて良い方向です。

そんな梅の蕾は寒冷刺激の中でも確実に進んでいる様です。
先日まで堅い蕾のようでしたが、
品種間の差は見られますが膨らみを窺える蕾もチラホラと・・。

小さな実梅ですが、ここ1,2年で良く生るように成りました。
1minori180129_002.jpg
プックリと膨らんだ白い蕾を確認出来ます。



「南高」の蕾にも膨らんだ蕾が混じります。
1nankou180129_013.jpg




「玉梅」も緑の萼に白い蕾が映えます。
1gyoku_suik180129_015.jpg
「翠香」の蕾も膨らんだようです。



「紅映」はやや遅れ気味でしょうか。
1benisasi180129_003.jpg
高接ぎ枝なので今年は一本立ち苗を居接ぎしています。



晩生の「豊後」はまだ固い蕾です。
1bungo180129_009.jpg




「ジャンボ高田」も遅い開花です。
1Jtakada180129_017.jpg




花梅の「鹿児島紅」も大分膨らんできました。
1kagosimabeni180129_022.jpg
今朝は少し冷え込みが和らぎましたが、
まだまだ寒い日は続きそうです。

::


2018-01-25 16:06 | カテゴリ:柑橘類
早朝、外の寒暖計は-5℃とキリキリ冷え込みました。

2日間続いた強い風が収まったのは有り難い事で、
早速下の畑2で剪定枝の焼却やロケットストーブで暖を取りました。

午後から、上の畑内で金柑の収穫です。
防鳥ネットで保護したものの今年の冷え込みは
金柑も萎縮してしまいます。

もう少し黄色くしたかったところですが、
極寒が続きそうなので収穫となりました。
1putimaru180125_004.jpg




この「ぷちまる」には、
津之輝・南津海・せとか・紅ばえの4品種が高接ぎされています。
1putimaru180125_001.jpg
3個のミカンがネット内に落ちていました。



防鳥ネットを外して、
高接ぎのミカンを収穫後、
霜で萎縮していない「ぷちまる」を回収しました。
1putimaru180125_013.jpg




色付きが余り良くない状態でしたが、
甘露煮用ですから問題無いでしょう。
1putimaru180125_015.jpg




収穫した「ぷちまる」です。
1putimaru180125_024.jpg




収穫後は、
枝隙と剪定を実施しました。
1putimaru180125_022.jpg
柑橘類も今年の冷え込みは厳しそうです。
下の畑2の柑橘類も白っぽく葉がやられていました。

「デコポン」も萎縮気味かも・・。

::



2018-01-20 18:29 | カテゴリ:周辺環境
昨年から庭のモグラ忌避効果を狙って
水仙の球根を植え付けています。

効果は十分見られてモグラのトンネルは大幅に減少しています。

庭先の水仙を植え付けた場所をみますと、
緑の芽先が見られる様になりました。

そのまま放置でも良いのですが、
堀上げて分球してから植え付ける作業を加えた方が、
成長は良いようです。

と言うことで、庭先の球根を堀上げました。
植え付け時は1個の球根でしたが、
堀上げますと大・小の球根が10個くらい着いていました。

一個の球根から複数の新芽が伸び出しています。
分球が進んでいる証拠ですね。
1suisen180120.jpg




庭には20個位の球根を植え付けていました。
この芽出しでは沢山の球根が分球出来そうです。
1suisen180120_002.jpg




スコップで堀上げた後、
大きめの1球を同じ場所に植え付けました。

この球根は残った水仙の球根です。
1suisen180120_010.jpg
下の畑2にも水仙を植え付けていますが、
拡張畑にはまだ水仙を植え付けていません。

この分球した球根を持って下の畑2の拡張畑に出かけました。
拡張畑の1/3程度に植え付けました。

残りの拡張畑への水仙植え付けは、
畑2の水仙を堀上げて用意します。
その畑2でも複数の新芽が伸び出しています。
1suisen180120_015.jpg




それぞれ1個の球根から複数本の芽が出ています。
1suisen180120_016.jpg
畑2の植え付け球根は100個以上でしたので、
相当な分球数が確保できるでしょう。


序でに、上の畑内に残っていた「カジイチゴ」苗を
下の畑2の南面に植え付けました。
  1kajiitigo180120_006.jpg




この南面にはニッコウキスゲの球根も植え付けています。
春先には黄色いキスゲと白いカジイチゴの花が見られるでしょう。
1kajiitigo180120_008.jpg
カジイチゴの根張りが土留めになる事も期待しています。

::




2018-01-16 18:09 | カテゴリ:りんご
にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村