2018-06-05 19:19 | カテゴリ:プルーン
梅雨入り前に慌ただしく果樹の収穫や、
枝整理後の袋掛けなどやっています。

下の畑1のブルーベリー圃場では「スパルタン」が色付き出していました。
今朝5時頃から家内が収穫してきました。
1spartan180605.jpg
明日からの梅雨入り前に初収穫です。
レジ袋のまま計量しています。



スパルタンの生り始めの実は大粒で美味しいBBです。
1spartan180605_002.jpg




下の畑1の早生桃「はつおとめ」が熟れてきましたので、
今年の一番果です。
1hatuotome180605_034.jpg




上の畑内の西洋アンズ「ゴールドコット」は小玉ながら、
酸味無く美味しいアンズで雨が無いので実も綺麗です。
1Gcot180605_039.jpg




酸果桜桃は酸っぱいので鳥も食べないとのことですが、
暖地の酸果桜桃は完熟時には甘さも乗って鳥がしきりにやって来ます。

このモンモレンシーも大分鳥の餌に供与しましたが、
本日全収穫です。
1monmo180605_032.jpg
さくらんぼジャムが一回分位はありそうです。

畑の酸果桜桃はほとんど無くなっていました。


さて、今日は下の畑1のプルーンの整枝を行いました。
放置していたために脚立に登らないと結実果に届かない状況です。
1PI180605_006.jpg
新梢の先端は5m位の樹高になっていました。



この畑には3本の「パープルアイ」が息づいていました。
1PI180605_009.jpg 




新梢を切り詰めて樹形改善です。
1PI180605_026.jpg




袋掛けなどがし易い樹高に1,2年で改善していきます。
1PI180605_027.jpg




手の届く位置に着いた幼果には袋掛けを行いました。
樹上2mの高さの実には袋も掛けられません。
1PI180605_012.jpg




BIKOOを使って袋掛けです。
1PI180605_019.jpg




30袋ほど掛けましたが、
他の実は無袋で様子見です。
1PI180605_020.jpg
久しぶりに「パープルアイ」の袋掛けでした。
美味しく大玉の完熟果を収穫したいところです。

::


2018-06-04 16:51 | カテゴリ:下の畑1
下の畑1の西洋ナシ3本は多品種接ぎ梨になっています。
新梢が勢いよく伸びて鬱蒼としてきました。

日陰になってしまうので、夏枝整理をスモモ・りんご・桃・梨などで行いました。
樹間が広くとれていれば夏枝整理もしたくないところですが、
狭小地栽培ではコンパクト樹形の維持は必須作業です。

ブルーベリーの「スパルタ」も色着いて大きめの実が目立ちます。
明日の早朝に収穫予定です。

西洋ナシに高接ぎの「愛甘水」や「豊水」、「秋麗」などに袋掛けしながら、
夏枝を落としました。
1aikansui180604_009.jpg
結実果の2/3位に袋掛けしています。



秋麗も摘果しながらの袋掛けです。
1syurei180604_004.jpg




伐採しましょうかと思った「紅浅間」でしたが今年は実付きが良さそうです。
そろそろ完熟果になりそうです。
1beniasama180604.jpg




月光も生理落果が終了の様で、
残り果の肥大が始まりました。
1gekkou180604_016.jpg




このスモモはチョット生らせ過ぎです。
1newhaney180604_017.jpg




上の畑内のスモモ「いくみ」が色着き出しています。
例年スモモの一番果はこの「いくみ」です。
1ikumi180604_025.jpg




画像だけで見ますと少しいくみの外見に似た「コチェコ」です。
1cocheco180604_022.jpg




「貴陽」も肥大中です。
1kiyou180604_027.jpg




アンズの「ゴールドコット」が2,3日前から採れだしています。
完熟果は酸味も消えて甘いアンズです。
1Gcot180604_019.jpg
梅雨入り前なので実割れも無い綺麗なアンズが収穫できます。



晩生種のハーコットは梅雨の真っ最中に収穫となりそうです。
1harcot180604_030.jpg




「おひさまコット」も同様でしょう。
1ohisama180604_033.jpg




畑2の地植えビワの多くは防鳥ネットで対策していましたが、
カラスの悪知恵に負けてほぼ全滅でした。

この「室戸早生」だけは2重3重の防鳥ネットで
1/3が辛うじて残り昨日収穫しました。
渋味・酸味も抜けて甘いビワでした。
1muroto180603.jpg



上の畑内の鉢植え「大五星」の残り果ですが、
3個収穫しました。
1daigosei180604_036.jpg
ビワは味見程度でも鉢栽培の方が確実かも・・。

::


2018-06-02 21:53 | カテゴリ:
来週には梅雨入りの可能性が高くなってきました。
晴れている間に手付かずだった垣根仕立て梨に袋掛けを実施しました。

昨日は、下の畑2の青梅も収穫しましたが、
ご近所にも人気が無くて、余剰品がタップリと残っています。

下の畑2の拡張畑に植え付けた紫陽花の花が咲いていました。
コサージュはまだですが、「花火」が開花中でした。
1hanabi180601_012.jpg




同じ拡張畑のアンズ「美杏」が色着いて来ました。
結構大玉です。
1bian180601_013.jpg




同じく「甘太郎」です。
果皮が汚れています。
1kantarou180601_015.jpg




同じく拡張畑の梅「ジャンボ高田」です。
この梅はそのまま残しました。
1takada180601_018.jpg




畑2の豊後・南高・玉梅・翠香・紅映・白加賀を収穫しました。
1bungo180601_003.jpg
先日より収量は多く、10kg程でした。

梅ジュース用には先日の梅で十分でしたので、この梅は余剰品となりました。
ご近所に声かけしましたが人気が有りません。


さて、梨の袋掛けですが小一時間で終わると思いきや、
2時間半掛かりました。
1kakinenasi180602_003.jpg




摘果済みでしたが、更に落としながらの袋掛けです。
1kakinenasi180602_009.jpg
袋も梨用・ブドウ用大袋・ビコーなど色々使い分けています。



葉をよく見ますと黒斑病が散見されました。
明日は町内の草刈りが8時からあるので、
終了後に農薬散布の予定です。
1kakinenasi180602_010.jpg




袋掛けを始めますと、意外と数が多くてビックリです。
一見、少ない感じですが葉陰で見えていなかったようです。
1kakinenasi180602_011.jpg




昨年はほとんどが無袋栽培でしたが、
今年の袋掛けが功を奏するか否か・・。
1kakinenasi180602_014.jpg
多少は綺麗な梨を味わえるかも知れません。

::



2018-05-31 11:35 | カテゴリ:りんご
梅雨入り間近、昨夜の雨で果樹はビッショリ濡れていました。
手付かずだった下の畑1のリンゴに袋掛けです。

濡れた木からは雨が降っているような雫が滴り落ちます。
濡れるのを覚悟で袋掛けの実施でした。

畑1には6本のリンゴの木があり、
ほとんどは2,3品種以上の高接ぎリンゴで、
名札が消えて品種名の分からなくなった高枝も少なくないです。
日頃の管理の悪さが露呈です。

この木には、あいかの香り・星の金貨・はるか・駒ふじ・とわだ乙女・昂林・こうみつ・・
などが高接ぎの筈ですが、名札が消えて不明種も少なからずです。
1DC180531_002.jpg




幼果はピンポン球からゴルフボール大になっています。
1DC180531_008.jpg




この多品種接ぎはまだ小木ですが、
4,5品種が接いであります。
1DC180531_009.jpg




インドリンゴの木には「スターキング」が高接ぎされています。
1DC180531_020.jpg




袋掛けを始めたら雨が降り出してきました。
暫くそのまま継続しましたが、雨脚が強くなったところで中断です。
1DC180531_023.jpg
カメラを濡らしたくないので1枚の写真のみです。



リンゴの袋掛け開始前に家内と一緒に
上の畑内と下の畑1の青梅を収穫しました。

この梅は上の畑内の竜峡小梅に「紅映」と「南高」を高接ぎしたもので、
赤っぽいのが紅映です。
1DC180531_026.jpg


梅ジュース用の氷砂糖を買いに出かけた家内から
青梅が1kgを1000円以上で売られていると聞きました。

こちらは下の畑1の青梅で
「南高」・「豊後」・「金紅梅」の混成です。
1DC180531_027.jpg
本日の収穫量は8kg前後でしょうか。

下の畑2の梅収穫は
明日のクリニック通院後に実施の予定です。

::

2018-05-29 21:46 | カテゴリ:さくらんぼ
昨夜は山形のS.F.Takaさんと久しぶりに桜桃談義でしたが、
本場の凍害状況や当地の豪雨により実割れなどがメインでした。

庭先のさくらんぼの正光錦は既に賞味済みとなりましたが、
実割れ果の多発した「紅秀峰」や「紅ゆたか」などはまだ残っています。

畑2の「桜桃ジョイント栽培」では色付きが進んでいますが、
実割れ果多発で意気消沈しています。

現状のジョイント栽培の様子をアップしてみます。
大分赤色が濃くなってきました。
1joint180529_035.jpg




ジョイントのメインは「佐藤錦」です。
1Jsato180529_003.jpg




「紅きらり」はジョイント似2本含まれます。
1Jbenikira180529_013.jpg
佐藤錦より色付きは遅い感じです。



受粉用に「ナポレオン」も1本含まれています。
1Jnapole180529_021.jpg




後から考えますとジョイント全てを「佐藤錦」にすれば良かったかも・・。
1Jsatou180529_033.jpg




実割れ果が多くて残念な状況ですが、
昨年のジョイントより一歩進んだかも知れません。
1joint180529_001.jpg




佐藤錦はまだ肥大中のようですが、
2L以上には成っていると思います。
1Jsatounisiki180529_027.jpg
来年はもう少し実付きをバージョンアップしたいところです。



庭先の「さくらんぼ置き場」では色付きが昨年より早くて、
「正光錦」は既に完食しました。
糖度も乗って甘いさくらんぼでした。

紅秀峰は半分以上が実割れで摘果しました。
残った実は既に渋味は無くなっています。
1benisyuhou180529_062.jpg




「紅ゆたか」も実割れし易くて3割ほどが傷み果です。
1_beniyutaka180529_051.jpg




「香夏錦」は過湿に強く実割れが少ないです。
1koukanisiki180529_066.jpg




少ない実成の「サミット」はただ今肥大中なり・・。
1samito180529_057.jpg





上の畑内でゴールドコットに高接ぎのアンズ「巨紅」が防鳥ネット内に落下していましたので、
全収穫しました。
1kyokou180529_043.jpg




酸味が無くて甘いアンズになっていました。
1kyokou180529_101.jpg




他のアンズはもう少し時間が掛かりそうです。
「ゴールドコット」が薄く黄色みを帯びてきました。
1Gcot180529_091.jpg




「ハーコット」はまだまだって、感じです。
1harcot180529_077.jpg




「おひさまコット」はまだ緑です。
1ohisamacot180529_074.jpg




「ニコニコット」も青い実です。
1niconicot180529_078.jpg

明日辺りが当地の梅雨入りの可能性がローカルTVで話題なっていました。
長雨で傷み果が出るのか心配なところです。

::


にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村