2018-02-28 15:40 | カテゴリ:
秋の代表的な果物である「柿」は好きな果物で、
食べ飽きることが無く長い間味わえます。

そんな柿には受粉樹に良いと言われる柿品種もありまして、
それが「禅寺丸」です。

3,4年前にカインズで購入した苗が下の畑1に息づいています。
その苗から採穂して、居接ぎに使用しています。

台木は食した柿から残しておいた種を播いて、
実生2,3年生台木を使いました。

昨年の実生苗は、2月初旬にこの畑に移植しています。

柿の接ぎ木は難易度の高い部類ですが、
チョットした工夫で成功率は高まります。
ポイントは穂木を渇かさず、素早く接ぐ事です。
それには、楔状に削った穂木を水に浸けます。1kaki180228.jpg
穂木には一芽ないしは二芽くらいを着けています。



居接ぎ後は保湿袋を忘れません。
1kaki180228_002.jpg
柿の芽動きは遅いのでジックリ5月頃まで待ちましょう。



今年漸く穂木が採れた「恋姫」も初居接ぎです。
1kaki180228_005.jpg




鳥取の名産柿「花御所」は
本来大玉らしいので苗木作りから再出発です。
1kaki180228_008.jpg




畑2には柿が多数有ります。
少しずつ生長しています。

一番のお気に入り品種が、これです。!
1kaki180228_010.jpg




小さかった「恋姫」ですが、
枝が増えてきたようです。
1kaki180228_012.jpg




居接ぎ2年目の幼苗です。
1kaki180228_014.jpg




大玉の代表格「いさはや」です。
1kaki180228_016.jpg




富有系の「ジャンボ柿」と
実生台木に2品種を高接ぎしています。
1kaki180228_017.jpg




昨年はこの1本で沢山の実を収穫しました。
「オレンジスター」も優良系ですね。
1kaki180228_011.jpg

柿のヘタムシ対策をしっかり出来れば、
収穫が楽しめます。

今年は、渋柿の初収穫となるでしょうか。
期待しています。(^_^;)

::


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/987-72892e6c