2018-01-29 13:52 | カテゴリ:
今冬の冷え込みでは、
例年であれば既に開花が始まっている梅がまだ黙りです。

落葉果樹にとっては寒波で遅れ気味の開花の方が
遅霜被害も少なくて良い方向です。

そんな梅の蕾は寒冷刺激の中でも確実に進んでいる様です。
先日まで堅い蕾のようでしたが、
品種間の差は見られますが膨らみを窺える蕾もチラホラと・・。

小さな実梅ですが、ここ1,2年で良く生るように成りました。
1minori180129_002.jpg
プックリと膨らんだ白い蕾を確認出来ます。



「南高」の蕾にも膨らんだ蕾が混じります。
1nankou180129_013.jpg




「玉梅」も緑の萼に白い蕾が映えます。
1gyoku_suik180129_015.jpg
「翠香」の蕾も膨らんだようです。



「紅映」はやや遅れ気味でしょうか。
1benisasi180129_003.jpg
高接ぎ枝なので今年は一本立ち苗を居接ぎしています。



晩生の「豊後」はまだ固い蕾です。
1bungo180129_009.jpg




「ジャンボ高田」も遅い開花です。
1Jtakada180129_017.jpg




花梅の「鹿児島紅」も大分膨らんできました。
1kagosimabeni180129_022.jpg
今朝は少し冷え込みが和らぎましたが、
まだまだ寒い日は続きそうです。

::


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/976-ddb2c29a