2017-11-06 15:48 | カテゴリ:ビワ
今日も暖かい位の晴天です。
下の畑2の拡張畑で植え付けてあったビワ苗の様子を観察です。

畑2には「大五星」、「早五星」、「田中」、「クイーン長崎」などがありますが、
拡張畑では「大房」、「なつたより」、「室戸早生」および昨年の接ぎ木苗「土肥」などが有ります。

ビワは基本的に畑の北側に植え付けています。
それでも、遅れて植え付けますとこの基本も守れないことがあります。

今年初収穫の早生ビワ「室戸早生」は
小粒ながら美味しいビワでした。
1murotowase171106_025.jpg
来季も期待出来そうな花房です。



早生種は手間が掛からなくて栽培しやすいです。
結実を確認してからゆっくりの摘果でもいけます。
1murotowase171106_027.jpg




小玉品種の「なつたより」にも花房が着いたようです。
1natutayori171106.jpg




まだ少ない花房ですが来季の初収穫に期待です。
1natutayori171106_001.jpg




「大房」にも漸く花房が着きました。
千葉県の主要ビワのようです。
1oofusa171106_007.jpg




大玉品種のようですから、
摘蕾や摘果管理は必須でしょう。
1oofusa171106_011.jpg




伊豆の土肥辺りで昔から栽培されている白っぽいビワです。
栽培したかった品種です。
まだ小苗ですが無事に成長して欲しいところです。
1toi_sirobiwa171106_005.jpg




2015年に植え付けた幼苗ばかりのオリーブでしたが、
結構成長が早くて驚かされます。

県下では西部や中部でのオリーブ栽培が注目されています。

昨年は少しの結実ながら、
収穫して塩漬けオリーブを作りました。
今年は極端に少なくて収穫はスルーしています。
1orive171106_036.jpg



今年4月に購入の接ぎ木「カラマタ」は、
枝も増えて見違える木になってきました。

1karamata171106_038.jpg




2015年に挿し木した「カヨンヌ」も
大分オリーブの木らしくなってきました。
1kayonu171106_041.jpg




今年の台風で傾いたので、
枝払いなどして樹高も低くしていますが、
オリーブの存在感が味わえる株になってきました。
1orive171106_040.jpg




枝払いした枝がまだ鮮明に残る畑です。
1,2年後の収穫祭が待たれるところです。
1orive171106_042.jpg




同じ拡張畑の一角には、
昨年と今年のリンゴ品種の居接ぎ苗があります。
落葉後に移植の予定です。
1ringo171106_028.jpg




柿の実生苗に居接ぎして1,2年の幼苗です。

「太秋」の小苗には1個の実が着いています。
樹高50cm
1taisyu171106_017.jpg




「次郎」の小苗にも2個の実が着いています。
樹高60cm
1jirou171106_013.jpg




「花御所」樹高1m。
今年初なりですが小玉です。
1hanagosyo171106_030.jpg




色付きの良さそうな4個を収穫しました。
1hanagosyo171106_034.jpg
今年は柿を沢山食べていますが、
まだ暫く消費が続きます。

::

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/939-90a87fe6