2017-10-01 14:37 | カテゴリ:ブドウ
下の畑2の垣根仕立てブドウは
一応、紙袋を掛けて栽培していましたが、
多くの品種は小粒で種有りブドウ品種です。

どんなに美味しくても種有りですと我が家では敬遠されます。
そこで考えたのが、
スロージューサーを使ってジュースにしてみましょう・・と。

朝一番で、下の畑2に出かけました。
リンゴの枯れ木を手鋸で切断し、
ドラム缶焼却炉で久しぶりの焼却作業です。
焚きつけてからは暫く燃え尽きるまでは放置です。

その間に、垣根仕立てブドウの収穫です。
「セイベル9110」は皮ごと食べられるブドウのようで、
甘みの強い品種です。
1seibel171001.jpg




緑黄色のブドウは「ネオマスカット」ですが、
最近は人気がありません。
1neoM171001_004.jpg




2,3房持ち帰りました。
1neoM171001_002.jpg
食べずに腐らすのも勿体ないので加工に供します。



さて、房から落としたブドウの粒をザルに入れて準備完了。
始動と共にブドウを投入口からポロポロと・・。
1SJ171001_008.jpg




薄緑色の果汁になりました。
1SJ171001_009.jpg




果汁100%のジュースが出来ました。
1SJ171001_010.jpg
スロージューサーを使った色々なレシピがあるようで、
収穫果の有効利用には面白いツールです。

::

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/924-6f384553