2017-08-22 15:32 | カテゴリ:
既に「豊水」は何度も食していますが、
冷やして昼食時に頂くとジューシーで喉通りの良い果実です。

その他、早生の「八達」もほぼ収穫済みと言ったところです。

今日は洋梨の「マリゲリットマリーラ」を収穫してみました。
樹上で外皮が黄色くなっていました。
山形では9月中旬頃の収穫で、追熟日数:15日~20日とのこと・・

意外でした。
収穫した1果を食べてみますと、
果肉は柔らかくてジューシーで甘さも有る洋梨でした。
1rafzus170821_010.jpg
自然落下が始まった「ラフザス」や「マリゲリットマリーラ」です。




1mariget170821_009.jpg
「ゼネラルレクラーク」に「豊水」を交配して育成された梨で、
追熟日数は極短(追熟しない)でも食べられる洋梨です。
果肉は柔らかく洋梨っぽい食感です。


樹上で黄色くなっていました。
この色では追熟無しで食べられます。
1mariget170821_006.jpg
「南水」も外皮の色が赤梨っぽくなってきましたので、
収穫間近です。



洋梨や和梨がゴロゴロと着いています。
1nasi170821_034.jpg




「王秋」も生らせ過ぎで小玉です。
1ousyu170821_012.jpg
「シルバーベル」は
ラ・フランスに勝る大玉系として期待できる品種として注目されています。



中国梨の向こうには
和梨の「かおり」が結実しています。
1turykaori170821_017.jpg




本体品種の「ラ・フランス」ですが、
追熟が難しい洋梨です。
1lafrance170821_003.jpg




そろそろ収穫となる「秋栄」も良い色になっています。
  1akiei170821_015.jpg
「甘太」の高接ぎに着きました。
晩生種ですので暫く静観です。



リンゴのバレリーナツリー「メイちゃんの瞳」です。
果皮は濃紅色、果肉の中まで赤いクラブアップル。 生ではあまり食べず、加工向けです。
1meichan170821.jpg




豊産性のりんご「シナノゴールド」です。
黄色く色着くと収穫です。
1sinanoG170821_019.jpg
無袋栽培でも何とかここまで来ました。
10月上旬まで、頑張れ!!

::

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/910-4d196f4b