2013-01-18 16:30 | カテゴリ:
昨夜は局地的に降雨があり、
今朝は厳しい冷え込みでした。

庭先やお隣の畑は霜が真っ白く降りていました。

北側の綺麗に刈られたお茶畑も雪でも降ったように
霜が降りて朝日に輝いていました。
cha0118c1.jpg


今朝の冷え込みで昨夜の雨粒は、
さくらんぼの枝先で凍りついていました。
koru0118c1.jpg



日が差し込んで畑の半分くらいの霜が解け出した頃、
下の畑1でスモモ苗の植え付け場所の変更などを行い、
イチジク苗も収穫株の列に追加植え付けしました。

スモモや桃に押されて注目されにくい下の畑1の果樹には、
梨類とリンゴ類があります。

今日は、和梨と洋梨にスポットライトを当ててみます。


昨年の僅か1個の結実果は破れ防獣ネットの隙間から入った
1度の猿侵入でやられました。
今年はパッと見でも結構な花芽が確認でき、
良さそうな「カルフォルニア」です。
calfornia0118c1.jpg
敢えて品種は出しませんがこの洋梨には、
4品種ほどの洋梨品種を高接ぎしてあります。


同年に導入の「オーロラ」にも花芽が確認でき、
多品種接ぎの高接ぎ枝も順調です。
olora0118c1.jpg



これら3品種は同じ種苗業者から導入した洋梨で、
この時の台木の根を
根伏せで増やしたのが現在の「豆ナシ台」苗木です。
zeneraru0118c1.jpg
この木にも高接ぎしてあります。


和梨の「豊水」で獣害や不作年の重なりで
ここ2,3年まともに収穫できていません。
ことしは何とかリベンジしたいところです。
housui0118c1.jpg



山形から頂いた受粉樹に良さそうな「八雲」です。
まだ幼苗ですが2,3の花芽も付いています。
yakumo0118c1.jpg



各畑に1本ずつ栽培中の和梨です。
コンパクト栽培を目指しています。
nikori0118c1.jpg


昨日は赤星病対策の石灰硫黄合剤散布を念入りにしました。
赤星・黒星あたりを防除出来れば何とかなりそうな梨栽培です。

今年は洋梨の出来具合に注目です!



・・




スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/89-e3f3a3bb