2017-05-31 17:00 | カテゴリ:さくらんぼ
昨日は下の畑2でやり残した桃の袋掛けや
レインカットブドウの周囲に防鳥ネットの準備などを行い、
キウイ棚では少しずつ摘果作業をしてきました。

色付きに備えて反射シートや防鳥ネットは万全ですが、
肝心の結実状況は"薄い”です。

S.F.Takaさんからは、3年目では樹の成長過程故、仕方ないですと
慰めのお言葉を頂戴しました。

昨日現在の主立った品種の様子をアップします。
受粉樹の「紅きらり」です。
まだ色付きは始まっていません。
1benikira170530_023.jpg




開花早豊産性(KHH)の「佐藤錦」です。
1KHH170530_002.jpg




横に伸びた枝では上から撮影です。
1KHH170530_015.jpg




開花早着色系(KHT)の「佐藤錦」です。
確かにこの系統の色付きは他の佐藤錦より早い感じです。
1KHT170530_024.jpg




受粉樹の「ナポレオン」です。
受粉樹のメインは「紅きらり」でしょうが、
保険的に受粉多品種栽培は必要でしょう。
1napole170530_013.jpg




60年生(60N)の「佐藤錦」です。
先ほどの着色系の色付きに比べますとその差は明白です。
1S60N170530_009.jpg





1S60N170530_020.jpg

「佐藤錦」でも色々な選抜系が存在しています。
栽培してみますと、その違いが実感できますのが面白いです。

::




スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/880-c14e7443