2017-05-24 19:44 | カテゴリ:もも
ほとんどほったらかしで見映えのしない桃の樹ですが、
少し残った幼果は袋掛けしないと絶対ダメになります。

気持ちが乗らない作業ですが、
少しずつ袋掛けを始めました。

昨日は下の畑1の桃に袋掛けを済ませています。
今日は午後から、
下の畑2と拡張畑の袋掛けでしたが、
全ての桃に袋掛けは出来ず、後日の仕事が残りました。
上の畑内の2品種も袋掛けしましたが、1本残りました。
例年に比べて、袋掛け数は半分以下になっています。

拡張畑に移植後1年生です。
1abuku_bigetu170524_018.jpg




畑2のこの2本も残した幼果は少ないです。
袋掛けが面倒なので・・。(^_^;)
1hakur_hanay170524_011.jpg




拡張畑の幼木です。
1kouki_nozaw170524_015.jpg




上の畑内にも「なつっこ」はありますが、
予備苗的位置づけです。
1natuk_tosui170524_014.jpg
「桃水」も袋掛け果はごく僅かです。



小苗の2本です。
1touko_touyou170524_012.jpg




上の畑内の「山吹大玉あかつき」は大分くたびれて来ましたので、
次の世代を養成中です。
TUKIAKARI1YOA_tukiak170524_010.jpg




植え付けて1年後の初結実です。
果梗が短くて、袋掛けが難しそうです。
1buramury170524_019.jpg




畑2の酸果桜桃の「ノースピュア」の結実状況です。
1Npyua170524_001.jpg




この畑には3,4本のノースピュアがあるはずです。???
1Npyua170524.jpg




柿類の開花も始まったようです。
害虫「柿のヘタムシ」防除が始まります。
1orenjiS_souda170524_023.jpg




今春高接ぎの「東京ゴールド」の幼果はゼスプリゴールドに似た形状です。
1TokyoG170524_003.jpg

りんごや梨の袋掛けもあります。
ブドウのジベ処理作業もそろそろ始まりそう・・。

農薬散布や除草作業など、夏に向けて大変です。

::


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/878-3077dd4d