2017-05-11 16:12 | カテゴリ:摘果作業
午前中は下の畑1に農薬散布で、
久しぶりに背負い式動噴を使いました。
薬液タンクが25リットルですのでエンジンなどを含めると30kg以上の重量でした。

午後から上の畑内の多品種接ぎ梨の摘果をしましょうと、
畑に行きますと防虫ネットで保護していた「暖地桜桃」が色着いていました。

今年の実付きは過去最低の数で、
瞬時に摘み取り完了です。

小粒ですが色付きは良い感じです。
味見してみますと、甘い実桜です。
1dantioutou170511.jpg




この艶やかさが良いですね。
1dantioutou170511_003.jpg




さて、多品種接ぎ梨の一次摘果です。
混み合った部分では適当に間引いています。
1nasitekika170511_005.jpg




品種毎に実付きの程度が違いますので、
大玉種は1次摘果時点で少なめの残しです。
1nasitekika170511_006.jpg




最終摘果は袋掛け前に実施の予定です。
1nasitekika170511_009.jpg

収穫時は何種の梨が回収できるのか、
楽しみなところです。

::

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/871-f37c6f6f