2017-05-01 19:30 | カテゴリ:キウイ
下の畑2で桜桃の受粉作業を終了して、
いつものようにキウイ棚の様子を見に行きますと、
紅芯系キウイの「紅妃」が咲き出していました。

昨日は気付きませんでしたが、もう咲いていたかも知れません。
1kouhi170501_023.jpg
では、雄木の「早雄」はどうかと目をやりますと、
開花まではまだ時間が掛かりそうです。

他の紅芯系は「紅美人」が開花直前のようでした。


そんなキウイ棚下には、
日本みつばちの巣箱が並んでいます。


分蜂時期前に巣箱の清掃と蜜蝋による臭い着けなどを施して、
準備をしていました。
誘因蘭の「金稜辺」も開花株を自宅から運んでありました。

畑2の金稜辺が咲き始めています。
1kinryou170501_019.jpg




ネットを掛けて受粉しないようにしていますが、
探索蜂の姿は見えません。
1kinryou170501_020.jpg




畑2の早雄は開花していませんでしたが、
上の畑内のキウイはどうかと見ましたがまだ何も咲いていませんでした。

最後の期待は、畑1のキウイ棚です。
行ってい見まして大正解です。

早雄が紅芯系に先駆けて咲き出していました。
早速、この花を摘花して持ち帰り、
再び畑2に行き、紅妃の花に受粉してきました。
1souyu170501_038.jpg
残った早雄の雄しべは切り取り、ホットカーペットに広げて
乾燥花粉にしています。

ここ1週間程度は、人工授粉が必要でしょう。

ちなみに、下の畑1のキウイ棚では紅芯系はまだ開花していませんでした。
1rainbow170501_041.jpg




同じく畑1のキウイ棚下にも金稜辺を置いていますが、
やはり開花が始まっていました。
1kinryou170501_043.jpg




ネット無しの株もあります。
1kinryou170501_044.jpg
自然分蜂群のお出でを心待ちにしています。

::


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/866-95ca9e37