2017-04-25 18:16 | カテゴリ:プルーン
下の畑1の桜桃の受粉に出かけますと、
この畑で栽培中のプルーンが開花していました。

プルーンと言えば、
庭先で栽培していた「パープルアイ」の原木が危険な状態です。

そんなパープルアイの自作苗が3本ほど生長している下の畑1です。
受粉樹には「スタンレー」が良いので昨年高接ぎしていました。
1stanray170425_009.jpg
1年後に花芽が着いたようで、
パープルアイの受粉に貢献してくれるでしょうか。



昨年辺りも開花していましたが、
授粉樹が無かったので結実はゼロでした。
1ParprI170425_006.jpg




今年は沢山の花が開花中です。
1ParprI170425_010.jpg




この畑には、
高接ぎの「ベイラー」や1本立ちの「シュガー」があります。
1syuger170425_014.jpg
植え付けて数年以上になりますが、
今年が初開花です。



小玉のプルーンが見られるでしょうか。
1syuger170425_013.jpg




上の畑内では「パンサー」が開花中です。
自家授粉性の品種です。
1panser170425_031.jpg




昨年は裏年でしたので、
今年は復活年の筈です。
1panser170425_029.jpg




「ツアー」もそこそこの花数です。
1tur170425_026.jpg

プルーンの完熟果を生食しますと、
ドライフルーツとは別物です。

::


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/863-b61da3d8