FC2ブログ
2017-04-22 12:31 | カテゴリ:さくらんぼ
桜桃の品種毎に開花の時期はずいぶん差が見られます。
香夏錦・紅秀峰・正光錦および紅ゆたかなどは
既に終盤となりますがサミットや紅福などはまだ咲いていません。

佐藤錦も遅い開花ですが僅かに開花し出しています。
幸いにも受粉相性的に悪くない品種が同時期に開花したり、
万能選手的な位置づけの「紅きらり」も少しずつ咲いています。

訪花昆虫の少ない当地では、
基本は梵天などによる人工授粉です。

受粉相手の雄しべから花粉を梵天に擦り付け、
受粉させたい雌しべに梵天を擦りつけます。

そんな人工授粉作業中のことです。
マメコバチの訪花が見られました。
1mamekobati170421_038.jpg
少ない訪花昆虫ながら、
この光景は嬉しい限りです。



受粉樹にも使える「紅香」は幼苗ながら地植えで今後に期待です。
1benika170421_079.jpg




有り難い開花でした。
真っ赤な艶やかな実も楽しみです。
1benikira170421_046.jpg




「紅さやか」に代わって受粉効果と食べても美味しい
「紅ゆたか」は注目です。
1beniyuta170421_066.jpg




花着きは良好な品種です。
1beniyuta170421_069.jpg




サクランボ置き場の主的存在の「紅秀峰」は健在です。
1benisyu170421_062.jpg




同じく同期生の「香夏錦」も安定的な着花です。
1kouka170421_073.jpg




「紅ゆたか」の花粉で受粉した香夏錦です。
1kouka170421_071.jpg




2本ある「正光錦」です。
1seikou170420.jpg





1seikou170420_009.jpg




正光錦のL:大きい方の樹では、
結実の兆候が見られたような・・。?
1seiko170421_041.jpg




受粉樹の代表的存在の「ナポレオン」もその受粉能力は侮れません。
1napoleon170421_044.jpg  




庭先の「月山錦」は植え替え3年目となり、
回復傾向が見られますかどうか・・。
1gassan170421_085.jpg
受粉作業は小型脚立の上で行わないと届きません。
歳と共に不安定姿勢は危険な状況です。



少しずつ開花していますが、
「紅きらり」の花粉で受粉しています。
1gassan170421_082.jpg




月山錦の隣で咲いているのが「紅きらり」です。
1benikira170421_080.jpg
生「紅きらり」花粉に威力を感じたいものです。



少し視点が変わりますが、
6号ポット栽培中の小木です。
一応、受粉しています。
1beniyuta170421_054.jpg




2015年に実施のチェリーポットです。
良い感じの花が咲いています。
1C2015P170421_060.jpg
6号ポット植えです。



2016年に作成したCP残り苗です。
少ない花数ですが、こちらも受粉しています。
1C2016P170421_059.jpg 

現時点では、サクランボ置き場は賑わっています。
リアルタイム受粉は上手く行っているんでしょうか。?

その結果も近い内に分かるでしょう。

::

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/862-504423f6