2013-01-09 18:35 | カテゴリ:スモモ
下の畑1のメイン果樹は桃とスモモでしたが、
本日手付かずだったスモモの剪定を行いました。
一部、梅やアンズ、プルーンなども含まれています。

これでこの畑の無剪定果樹は桜桃のみとなりました。

剪定から枝の片付けまでやりましたので、
一日仕事になりました。
biochery0109c1.jpg
1年で繁茂した徒長枝は結構な量になります。


太い枝も整理しました。
biochery0109c2.jpg


この「月光」も徒長枝が繁茂していました。
gekko0109c1.jpg


アンズの「紅浅間」もスモモと同様に剪定しました。
gekko0109c2.jpg



「貴陽」は樹勢が強く枝の伸びも良好です。
剪定しながら挿木穂木も確保しました。
kiyo0109c1.jpg


枝隙もしながらの剪定でした。
コンパクト樹形は我が家の鉄則です。
kiyo0109c2.jpg


「李王」の新梢の伸びはあまり良くありません。
穂木確保も難しい状況です。
2年連続の豊産が影響したかも知れません。
rio0109c1.jpg


剪定で刺激を与えたいところです。
ri_ge_shu_bi0109c1.jpg


「大石早生」も大分切り詰める必要があります。
太枝も切り詰めました。
oisiwase0109c1.jpg


コンパクト樹形になったスモモです。
oisiwase0109c2.jpg


剪定後のスモモです。
秋姫は敢えて剪定を軽めにしています。
sumomo0109c2.jpg


桃やスモモの剪定が終わりますと、
狭かった株間にやや余裕ができました。

通り抜けても枝葉に触れない状態が、
暫くの間は実感できるでしょう。


桜桃の剪定は2月の予定ですが、
そこ迄我慢できるでしょうか?



・・




スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/85-e40c05f7