2017-03-25 16:55 | カテゴリ:下の畑1
久しぶりに下の畑1に行ってみますと、
スモモの各品種が花盛りでした。

桃の蕾も大分膨らんでいまして、
杏の「紅浅間」も咲いていましたが、
「山形3号」はまだ蕾がやや膨らんだ感じでした。

「アルプス王子」の花数も今年は増えた感じです。
1APouji170325_015.jpg




畑に着いたときスモモの花にマルハナバチの訪花が見られました。
1APouji170325_016.jpg
特に人工授粉はしませんので、
訪花昆虫を見かけますとホッとします。



スモモの「月光」には
「ハリウッド」を高接ぎしてありますが、
同時期の開花になっています。
1gekkou170325_006.jpg





1gekkou170325_007.jpg




「貴陽」には「コチェコ」などの異品種を3,4品種高接ぎしています。
1kiyou170325_022.jpg



「大石中生」はまだ開花していませんが、
高接ぎの「マルガリータ」や「ハリウッド」が咲いていました。
1oisinaka170325_012.jpg




「スイートかれん」に高接ぎした「コチェコ」に蕾が確認出来ました。
1SWkaren170325_003.jpg
この畑にはコチェコの親木が有りますが
植え付け後1年では花芽は着いていません。



相変わらず多花性の「トパーズ」です。
1topars170325_018.jpg




昨年、小苗なのに生らせ過ぎだった「恋花火」は
やや少なめの開花です。
1koihanabi170325.jpg




桃類の蕾が大分膨らんできました。
「蟠桃」の蕾です。
1bantou170325_025.jpg




小苗の「大寿蜜桃」です。
1daijyumitutou170325_027.jpg




結実性の悪い杏「紅浅間」は
伐採候補の一つです。
1beniasama170325_009.jpg





1beniasama170325_010.jpg




桜桃台木の「ダーレン」台元木で開花していました。
折角咲くのなら中国実桜程度の結実を期待したいところです。
1daren170325_029.jpg

この畑の柿の木を見ますと、
芽動きが始まっていました。

やがて、プルーン類の芽動きが始まる物と思います。

::



スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/849-04a6aded