2017-03-05 22:26 | カテゴリ:
下の畑2では、梅の「豊後」が良い感じで咲いています。
豊後系が最盛期になりますと
いよいよアンズの開花も近です。

豊後梅は日本アンズの授粉に良いと言われています。
1bungo170305_001.jpg



梅の品種にはアンズ系統の血を引く品種が少なくないです。
「露茜」や「豊後」、「高田」などが知られているところです。

さて、アンズ類の蕾はと言いますと・・。
良い感じで膨らみだしています。
生食向きの「紅太陽」は今年が初結実でしょうか。
1benitaiyo170305_007.jpg




「紅太陽」の蕾
1benitaiyo170305_008.jpg




「美杏」にも蕾がつき始めました。
1bian170305_015.jpg




アンズ類の蕾はどの品種も似ていて、
品種毎の違いが分かりにくいです。
1bian170305_013.jpg




「ジャンボ高田」は開花直前のようです。
1Jtakada170305_011.jpg




結実実績のある「巨紅」です。
1kyokou170305_004.jpg




大分膨らんできました。
1kyokou170305_002.jpg




今日の暖かさにつられて昼食後から
下の畑2の拡張畑に植え付けていた柿の実生台を使って
渋柿や甘柿を居接ぎしました。
1kakiitugi170305_016.jpg




今回は2芽付きの穂木を使ってみました。
1kakiitugi170305_018.jpg




柿の接ぎ木は穂木を乾かさない様に素早く行う必要があります。
一つの手段として、
穂木を水に浸けて、
台木の切り込み時間中の乾きを防ぎます。
1kakiitugi170305_025.jpg

接ぎ木作業も大詰めに来ました。
残るは僅かな柑橘類のみとなりました。

::


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/839-8475a39e