2017-03-01 15:38 | カテゴリ:マメコバチ
昨年は山形のS.F.Takaさんから、
ご自身の桜桃畑で営巣していたマメコバチ繭入りのヨシ筒を送って頂き
200匹前後のマメコバチが畑2で繭から飛び立っていました。

マメコバチは一度営巣したヨシ筒には営巣しないので、
新たにヨシ筒を追加してやる必要があるようです。

マメコバチの巣箱は畑2と上の畑内の2カ所に設置していました。
これは下の畑2の巣箱です。
1mamekobati170301_003.jpg
同じサイズの巣箱を上の畑内にも設置していました。



当地ではまだまだ絶対数が少ないでしょうね。
営巣したらしい土栓が少なすぎます。
1mamekobati170301.jpg
2カ所から寄せ集めたヨシ筒です。



ヨシを割って繭を取り出します。
このヨシ筒が一番良く入っていました。
この位のヨシ筒が20本ほど欲しかったですが、
1年目では仕方ないところです。
1mamekobati170301_006.jpg
来年は3倍増を目指しましょう。



汚れた繭は流水で綺麗にした後、風乾します。
1mamekobati170301_007.jpg

後日、この繭は下の畑2の巣箱に置いておきます。
自然に繭を破って飛び立っていきます。

今年も、新たにヨシ筒を追加の予定です。

::


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/838-6f5b75e0