2017-02-19 14:29 | カテゴリ:さくらんぼ
まだまだ冬型の天気図が主体的な気象状況ですが、
時々、春めいた天候の日もあります。

今日も12℃前後の陽気で陽差しが暖かです。

サクランボ置き場のチェリーポットに注目してみますと、
保湿袋越しに開花しそうな蕾が・・。

一輪ですが開花が始まっていました。
1CP170219_001.jpg




他のCPでは、葉芽の展葉が進んでいます。
1CP170219_003.jpg




このCPでは、花芽が割れだしています。
1CP170219_006.jpg




先日、CPを南面に一列に並べました。
1CP170219_008.jpg
ポット毎の変化が見やすくなっています。



ちなみに、このサクランボ置き場には昨年と一昨年(2015)のCPが残っています。
2015年のCPにも花芽は着いていますが、
まだまだ固い蕾です。
1C15P170219_010.jpg




2015年のチェリーポット。
1C15P170219_012.jpg




サクランボ置き場の成木で、花芽の状態をチェックしてみました。
目立った芽動きはまだありません。
1benikirari170219_024.jpg




短果枝ばかりの「紅秀峰」の花芽です。
1benisyuhou170219_022.jpg




短果枝が着きやすい品種のようです。
1beniyutaka170219_017.jpg




若干、含みを増したかも知れませんが、
遅々とした進行です。
1koukanisiki170219_014.jpg




2月一杯はこんな状態が続くものと思われます。
3月になると急速に芽動きが進むことでしょう。
1seiko170219_020.jpg
短果枝と長果枝が良いバランスで着いています。

CPの芽動きが早すぎないように願いたいところです。
それでも、冷凍保存中の花粉の準備を始める必要がありそうです。

::


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/832-32722b52