2017-02-18 18:04 | カテゴリ:
柑橘類がない我が家では、
この時期が一番ブログネタに苦労しますね。

芽動きも目立った物もなく、
梅の開花だけが冬枯れの畑で目立ちます。

「南高」・「玉梅」・「紅映」・「鶯宿」・「竜峡小梅」や「翠香」は
比較的早い開花でしたが、ここに来て晩生種の蕾に変化が見られます。

晩生種の代表格「豊後」の蕾で花びらのピンクが確認できるようになりました。
1bungo170218_003.jpg




蕾の膨らみと共に花びらのピンクが覗いています。
開花が迫っていますね。
1bungo170218.jpg




「白加賀」の幼苗は枯らしてしまいましたが、
高接ぎ枝が際どく残っていました。
白い花びらが見えだしています。
1sirokaga170218_009.jpg




「露茜」も大分膨らみを増しているようです。
1tuyuakane170218_004.jpg




早生種の「翠香」も賑やかになってきました。
1suikou170218_008.jpg
今年は初生り果が見られるかも知れません。

程よいお湿りがありますと、
芽動きも活発になるように見られます。

野菜畑の世話もそろそろ本腰でやらねば・・。

::



スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/831-e335239e