2017-01-16 16:59 | カテゴリ:キウイ
キウイの「紀州ゴールド」は大玉で豊産性ながら
美味しくないので撤退して、
株は品種更新用に利用します。

下の畑1と畑2でほぼ一日かかって更新しました。

畑2には他の実生苗が有ったので有効利用しています。
親株から離れて生えたヒコバエも有効利用です。

畑2の「紀州ゴールド」を品種更新で高接ぎしました。
1kiui170116_021.jpg




以前掘り起こした株の残り根からのヒコバエですが、
居接ぎに丁度良いサイズです。
1kiui170116_003.jpg




畑1の「紀州ゴールド」でも黄肉系の品種更新です。
1kiui170116_024.jpg
高接ぎで保湿袋は二重にしています。



畑2の実生苗や香緑系の品種更新です。
1kiui170116_007.jpg




畑1には2種ほど小苗が残っていましたが、
品種更新用の台木として使いました。
1kiui170116_025.jpg
キウイの接ぎ木は活着まではほぼ間違いなく推移しますが、
芽が伸び出した頃の遅霜でやられてしまうことが多いです。

その対策として、
下手な鉄砲も数打ちゃ当たる・・と言ったところです。



畑1の小苗利用で高接ぎしました。
活着すれば、1年後には立派な移植用苗になります。
1kiui170116_026.jpg

メイン果樹の接ぎ木作業は一先ず一段落言ったところです。
残る「柿」や「ぶどう」は3月以降の予定になります。

各種台木の挿し木作業も3,4月頃になるでしょう。

::

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/820-50e19475