2017-01-12 15:13 | カテゴリ:接ぎ木
予報では土曜日頃に当地でも降雪のようです。
大寒波が迫り来る今朝は冷え込みが始まった感じです。

下の畑2に行ってみますと、
全面に霜柱が立っていました。
1simo170112_002.jpg
今朝は0.7℃と零下に一歩手前でした。



冬晴れの元、
今朝の畑2を脚立に登って俯瞰しています。
1hatake170112_003.jpg




同じく拡張畑を俯瞰。
1hatake170112_004.jpg




最近の野良作業の必需品は
温かいコーヒーを入れたポットです。
1pot170112_006.jpg




今日の作業は、
補完すべき桃・プルーン・りんごなどの
接ぎ木です。

プルーンはスモモの一枝を借りた高接ぎや
生えてきた蘖を利用の居接ぎなどです。
1itugi170112_007.jpg
時々、コーヒーを飲みながら一服して
一人仕事は続きます。



杏の元木が枯れて株から蘖が元気に生えていました。
無駄には出来ませんので
プルーンを居接ぎしておきました。
1itugi170112_009.jpg
スモモ台の挿し木苗が残っていましたので
プルーンや桃を居接ぎです。



スモモ台挿し床には、
昨年の居接ぎ苗がまだ残っています。
1itu_taka170112_013.jpg
今日のりんごは高接ぎのみです。



りんごの「トキ」にも高接ぎしています。
1takatugi170112_010.jpg

果樹の品種維持にはこうした地味な作業の継続が必須です。
幸いにも私はこんな地味な作業が嫌いではありません。

::




スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/819-318aaa0e