2017-01-07 17:58 | カテゴリ:接ぎ木
昨日は畑2に残っていたマメナシ台やJM7台を利用して
和梨やりんご品種の予備苗作成のため
少しばかりですが居接ぎ作業を行いました。

特に珍しい品種では無いですが、
高接ぎ枝のみの品種や新苗のバックアップなどの目的で
居接ぎしてみました。

下の畑2には昨年の台木用挿し木苗が残っていました。
無駄にしたくないので有効利用しています。
1itugi170106_008.jpg
手前が梨の居接ぎで奥がりんごの居接ぎです。



マメナシ台を用いていますが、切り詰めた穂木はそのまま直挿ししています。
1nasi170106.jpg




残したい品種は高接ぎ枝のみでしたので、
1本立ち苗を作ります。
1nasi170106_001.jpg




こちらはJM7台を使ったりんごの居接ぎです。
新規購入苗などのバックアップとして居接ぎしています。
1ringo170106_003.jpg




台木特性を活かすため高い位置で接ぎ木します。
1ringo170106_005.jpg




昨年の居接ぎ苗2本です。
定植位置に移植予定株です。
1ringo170106_007.jpg




今朝は冷え込みました。
下の畑1で陽差しが来るまで暖を取りましょうと、
ロケットストーブに点火しました。

完全燃焼で煙が少ないのが良いですね。
1roketto.jpg




その後、キウイ棚の1角で枯れて欠落していたキウイ苗を
予備苗を移植して補完しました。
1kiui170107.jpg

明日は久々の降雨予報です。
植え付け直後のお湿りで助かります。

::


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/817-4b28c757