2017-01-04 16:03 | カテゴリ:さくらんぼ
下の畑2のジョイント横には、
1,2年生の居接ぎ苗が多数残っています。

有効利用法の一つとして、
庭のさくらんぼ置き場用の予備苗として
畑で半地植えポットで養成することにしました。

今日現在、苗数では50本位は残っていそうです。
コルト台に居接ぎした各種桜桃苗です。
1Coutounae170104_001.jpg
白いビニールテープが居接ぎ時に着けた迷子札です。




1Doutounae170104_002.jpg
ダーレン台の居接ぎ苗から
2品種堀上げてポット植え用に・・。



一番の矮性効果が高いスーパー6(S6)台です。
ほとんどが2年生ですが小苗です。
1S6outounae170104.jpg




畑2拡張の一角に25リットルポット植えで養成してみます。
鉢底から根が出ても良しとして・・。
1pot170104_005.jpg




佐藤錦と紅秀峰(ダーレン台)を選んでいます。
1pot170104_006.jpg




先日、下の畑1に有った「黄色いサクランボ」中国実桜台を移植しています。
畑1にあった親木の「黄色いサクランボ」は昨年枯れていましたので、
品種確保の一環です。
1kiiro170104_008.jpg




畑1の梨の居接ぎ苗を午前中に堀上げていました。
垣根仕立て梨の1本が昨年枯れていましたので、
補完的に移植しました。
1nasi170104_004.jpg

居接ぎ養成苗を無駄にしたくないので、
移植場所を探しながらの有効利用中です。

桜桃苗が欲しい方はご連絡下さい。

::


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/816-979e2961