2016-12-29 15:59 | カテゴリ:さくらんぼ
昨日・今日と各畑に寒肥を施肥して回り、
今年の予定作業も何とか終わることが出来ました。

今日は、久しぶりに庭先の桜桃樹の花芽の様子を見て回りました。
全般的には花芽付きは良さそうですが、
来春の授粉次第であることは間違いないところです。

庭やさくらんぼ置き場では、幼苗や常連株の花芽を観察です。
路地植え「紅きらり」は月山錦の横隣で授粉効率UPを狙います。
1benikirari161229_046.jpg




さくらんぼ置き場の紅きらりにも花芽が着いたようです。
1benikirari161229_033.jpg




短果枝ばかりの「紅秀峰」です。
1benisyuhou161229_030.jpg




路地植え2年経過で樹勢を取り戻した「紅ゆたか」。
短果枝がビッシリです。
1beniyutaka161229_013.jpg




良い感じの花芽だと自画自賛です。
1beniyutaka161229_009.jpg




2年前(2015)のCPにも花芽が確認出来ます。
1CP161229_020.jpg




授粉すれば結実するかも・・。
1CP161229_022.jpg




常連株の「香夏錦」の花芽も大きくて良い花芽です。
1koukanisiki161229.jpg





1koukanisiki161229_007.jpg




地植えに変更して2年経過。
短果枝がビッシリの「黒砂糖錦」です。
1kurosatou161229_027.jpg




ポットから地植えに変更した「佐藤錦」。
短果枝ですが多少は結実するでしょう。
1satounisiki161229_004.jpg




ポット植えの幼苗ながら、
花芽が着いた「60年生佐藤錦」です。
1satounisiki161229_043.jpg




控え目な花芽付きですが、
結実を期待したい「サミット」です。
1samitto161229_016.jpg




さくらんぼ置き場の顔役の「正光錦」2本。
豊産性小玉の1本。
1sekounisiki161229_056.jpg




大玉系「正光錦」の1本。
花芽も大きめに見えます。
1sekounisiki161229_049.jpg




植え替え後2年経過で多少は樹勢が回復したでしょうか。
短果枝が目立ちますが、長果枝の方が結実性は良いようです。
1gassan161229_045.jpg




新梢の伸びも僅かでしたが、
一応、新梢誘因に少し切り詰めました。
1gassan161229_041.jpg

さてさて、来年はどんな珍事が発生するのやら、
少なくとも人工授粉はリアルタイム梵天授粉でリベンジです。


今年1年、ご訪問頂きまして有り難うございました。
又、来年も相変わらずの果樹栽培ですが、
宜しくお願い致します。

::



スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/814-dd5802c6