2016-12-20 17:05 | カテゴリ:チェリーポット
昨日の午後6時半頃でした。
山形のS.F.Takaさんが採穂・送付して頂いた穂木が届きました。

過去、2回の経験から居接ぎ時期は極力早くして、
接ぎ木部分の結合時間を長目に維持して、
芽出し時期の水揚げが促進される事を意図してみました。

S.F.Takaさんには、ご無理を言って剪定作業の早い時期での採穂でした。
過去2回は1月になってからの居接ぎ作業でしたが、
今日は前季より1ヶ月早い居接ぎ作業となります。

届いた穂木は「佐藤錦」のみの13本でした。
相変わらずガッチリした花芽にはうっとりします。
1satou161220.jpg
当地のような暖地では短果枝はそれなりの花芽になりますが、
長果枝の花芽は絶対真似出来ない素晴らしさです。



今回使用する青葉台は、
前季のポット上げした台木の残り苗でして、
直径2センチほどの太い台木も見られます。
1aobadai161220_002.jpg
送って頂いた穂木の太いヤツも全く問題なく接げます。



一番太かった穂木の居接ぎです。
余裕で接ぐことが出来ました。
1CP161220_005.jpg




形成層を合わせて合体です。
1CP161220_006.jpg




接ぎ木テープでしっかり固定し、
保湿袋を掛けて完成です。
1CP161220_007.jpg




接ぎ木部分から穂木の先端までは
約25~30センチ程になっています。
1CP161220_009.jpg




送って頂いた穂木は全て居接ぎしました。
結果は神のみぞ知る・・ところですが、
前季の開花程度を見た感じでは、
花びらの開き具合は良い状態でした。
1CP161220_010.jpg
この開花具合を維持して、確実な授粉が実施出来れば良い結果が得られるかも・・。

今回の結果が期待通りに行かない場合は、
これでCPから撤退を考えています。

::




スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/810-ef69d9e9