2016-11-28 16:53 | カテゴリ:さくらんぼ
11月なのに既に初霜も見られ、
暖かかった10月から急変の11月の気象変化でした。

庭先のさくらんぼ置き場の桜桃樹もすっかり落葉した樹種も見られます。
1sakuranbo161128_052.jpg



ここ2,3年は、授粉の失敗やハクビシンの襲撃で
まともな収穫が出来ていない桜桃栽培です。

今年は殺菌剤の手抜き散布で褐色穿孔病の発生が顕著です。
花芽も傷んでいました。

まあ!それでも全滅ではないでしょうから、
来春の開花時には授粉に注力です。
上手く行けば、日本みつばちの助っ人も期待出来ます。

そんな桜桃樹の花芽を拾い集めてみました。
授粉樹特性としてはピカイチの「紅きらり」ですが、
若木では花芽付きの悪さが難点です。

剪定法の工夫で多少の改善が見られたでしょうか。
さくらんぼ置き場内の紅きらりにも花芽が着くようになりました。
1benikirari161128_056.jpg




月山錦の隣に並植した紅きらりは
期待出来そうな花芽が着きました。
1benikirari161128_041.jpg




移植後2年目はビッシリと花芽が着いた「紅ゆたか」です。
1beniyutaka161128_059.jpg




一見、正光錦の花芽付きを感じさせるような、
素人には有り難い花芽の着き様です。
1beniyutaka161128_063.jpg
ほとんどが短果枝ですかね!



相変わらず短果枝主体の「紅秀峰」です。
この樹はほとんど無剪定状態ですが枝が伸びません。
1benisyu161128_027.jpg




移植後、新梢の伸びが減退していまして、
今年も良くて20~30cm程度でした。
樹勢の回復が遅い月山錦ですが、
紅きらりの隣で復活して欲しい物です。
1gassan161128_049.jpg





1gassan161128_047.jpg




さくらんぼ置き場の常連さん的な桜桃樹は「香夏錦」です。
良い花芽が着いています。
1kouka161128_038.jpg




こちらも移植後2年経過した「黒砂糖錦」です。
花芽付きは良い感じです。
1kurosatou161128_057.jpg





1kurosatou161128_022.jpg




アメリカンチェリーながら、
授粉樹・大玉・美味・・と捨てがたい「サミット」です。
1samitto161128_015.jpg




さくらんぼ置き場の顔役はこの「正光錦」で
賑やかしには欠かせない桜桃樹です。
1seikou161128_058.jpg
この樹もほとんど無剪定で花芽がたっぷり着いています。



画像下はもう一本の正光錦で、
花芽の大きさが違い香夏錦と類似の樹形です。
1seikou161128_034.jpg

管理不十分ながら何とか開花に漕ぎ着けそうな桜桃樹達です。
来春は従来の梵天授粉と訪花昆虫の共同作業で授粉効率を上げたいところです。

全てが捕らぬ狸の・・・です。


::

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/803-eca0fc22