2016-11-16 17:56 | カテゴリ:日本みつばち
最初に自作の巣箱を作ったのが9年前のことでした。
巣材である杉板はホームセンターで探しましたが、
杉板の幅や厚さは想定していた物がなくて、
妥協せざるを得ませんでした。

その時の巣箱は今も残っていますが、
一度も日本みつばちが入居することなく廃屋同然の状態で、
ボロボロに朽ち始めています。

その後、ヤフオクで日本みつばち用の巣材を出品してくれる
有り難い材木業者さんを見つけました。

最初は、2mの板材を落札して自分でカットしていました。
しかし、それも面倒でしたので
今回は27cm前後にカットされた出品物を落札しました。
ちなみに落札品は、
① 270mm(長)×30mm(厚み)×180mm(幅)
② 270mm(長)×30mm(厚み)×120mm(幅) x 2品
の計3品でした。

私の使っている重箱は30cm四方に揃えていますので、
落札品は組み立て時には外寸が30cm四方になります。

2、3日前から重箱の組み立てを始めていました。
重箱は積み重ねて使いますので、
直角・水平は慎重に組み立てます。
1subako161112_024.jpg
それでも僅かな歪みが出た場合は、
かんな掛けやグラインダーで修正します。



板厚30mmで幅が180mmの重箱の重量は240gです。
120mm幅で180gでした。
1subako161112_031.jpg




夏場の猛暑時には巣が溶けて脱落の危険性があります。
落下防止に前回の巣箱作成時に用意していた竹製丸棒(直径6mm)を入れました。
1rakkabousi161116_020.jpg
不足分は2.6mmのステンレス線で代用しました。


本日漸く組み立てまで漕ぎ着けました。
当初の予定通り、4基の巣箱を組み立てます。
今回落札した材料では、まだ重箱15個程の杉材が残っています。
1subako161116_019.jpg
来春の状況を見ながら少しずつ準備していきましょう。



ちなみにこの完成巣箱の総重量は14kgでした。
持ち運びも大変な重量です。
1mitubatisubako161116_018.jpg
かなり堅牢な巣箱が出来ました。



底板に使う金網の購入を忘れていましたので、
後日、購入後に残り3基を完成する予定です。
1subako161116_023.jpg

巣箱準備は順調なんですが、
肝心の3群が無事越冬して来春は「分蜂」・・と行ってくれませんと
何も始まりません。

::

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/798-e9210e96