2016-11-12 17:12 | カテゴリ:キウイ
今年の10月の気温が高めに推移したのが影響したのでしょうか。
早生種(紅芯系や黄肉種)キウイの保存が利きません。

収穫した半分以上が過熟で傷み果になってしまいました。

この苦い経験を元に、
晩生種キウイの収穫を早めようと思いました。
手始めに、自家用キウイ棚である下の畑1に出向きました。

まだ、朝露が残る畑で、
黄肉キウイのアップルキウイ、ゴールドエンペラーや
香緑・香緑F1をレジ袋に詰め込んで両手に提げて運びました。
1kouryoku161112_012.jpg
今日の収穫は棚に残る半分くらいをもぎ取りました。



黄肉系の「ゴールドエンペラー」と
「アップルキウイ」
1GE_APL161112_013.jpg




小玉が多いです。
1kouryo161112_016.jpg




まずまずの肥大です。
1GE161112_014.jpg




平均的なサイズでしょうか。
1APL161112_020.jpg




全体的に固めでしたが
追熟で柔らかくして行くのが良さそうです。
1kiui61112_022.jpg




この畑にはカリンの木が1本あります。
今年は不作年故に玉サイズは大きめです。
1karin161112_005.jpg
朝露に濡れたカリン!!

::
スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/797-ba4cc925