2016-10-21 16:36 | カテゴリ:キウイ
”鳥取県東部での強い地震”

お見舞い申し上げます。



庭の南隣に位置する耕作放棄地には、
キジが住み着いていまして、
早朝から甲高い声で鳴いています。
1kiji161021_019.jpg



2、3年前までは下の畑1へ自家用車で行けたのですが、
ソーラー発電設備が設置される際、
金網フェンスの設置で軽自動車がギリギリ通過できる
本来の農道幅になってしまいました。

通常作業は徒歩で出かけて、収穫果樹はレジ袋に入れて
手で持ち運びです。

今日は、畑1のキウイ(紅芯系と黄肉早生系)を少し収穫して、
レジ袋に入れて徒歩搬送しました。

キウイ棚では
晩生種の香緑・アップルキウイ・ゴールドエンペラーなどがありますが、
本日は早生系を主体に収穫を始めました。

1APLkiui161021_006.jpg





1Gempe161021_007.jpg





1kouryoku161021_013.jpg




早生系の黄肉キウイで、
比較的大玉になりやすい品種です。
この品種の収穫を始めました。
1kisyuG161021.jpg




1果が200g以上でした。
1kisyuG161021_015.jpg




この畑のMG-06は不作気味でした。
1MG_06161021_009.jpg




玉サイズも小振りのようです。
1MG_06161021_014.jpg




開花時の雄木(早雄)の開花遅れで
結実不良の紅芯系です。
1kouhi161021_012.jpg




100g平均でしょうか。
1kouhi161021_016.jpg
完熟果の甘さは間違いないところです。



静岡県の特産品として、
富士市が頑張っています。
我が家も頑張りたいところです。
1Rainbow161021_010.jpg




下の畑1の次郎柿は不作で残った3個の内、
1果が色付いたので回収しました。
1jirou161021_017.jpg

「カキノへタムシ」の防除が課題です。
害虫の多い環境故、
農薬散布の良否が収穫に影響しています。

::

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/792-57a2c780