2016-09-10 17:15 | カテゴリ:桃&梨&ブドウ
晩生桃の「黄ららのきわみ」や「西王母」は、
5,6個ずつ樹に残っていましたが傷み果がほとんどで、
本日全て回収して終了しました。

まだ完全に完熟では無い状況ですが、
腐らせて終わるのも芸が無いので、
早い収穫となりました。

片手にズッシリの800gサイズの「西王母」です。
傷み果ではこれより大きい玉もありましたが、
半分腐っていました。
1seioubo160910_015.jpg




晩生桃の難しさは十分承知していますので、
これ以上品種は増やしていませんが、
「黄ららのきわみ」も同じような状況でして、
2個程回収してきました。
1seioubo160910_014.jpg




下の畑2の垣根仕立て梨に残る中・晩生種梨を少々収穫しました。
青梨の代表格。
「ゴールド二十世紀」
1G20seiki160910_003.jpg




赤梨の「ジャンボ新高」も少しずつ収穫しています。
「筑水」は我慢した甲斐が有り良い感じの色付きです。
1Jnit_tiku160910_002.jpg




まだ小玉が多い「J新高」です。
1Jnitaka160910_004.jpg




青梨の「筑水」です。
1tikusui160910_018.jpg




実割れや小玉で散々な「かおり」梨です。
1kaori160910_008.jpg




畑2には垣根仕立てブドウがありまして、
一応、袋掛けしていますが見映えは良くないブドウです。

「ネオマスカット」
1neomasukat160910_009.jpg




ブドウ栽培には
雨避けが必須でしょうね。
1neomasukat160910_010.jpg

来季は畑2αの簡易レインカット栽培のブドウに期待したいところです。

::



スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/779-d93c62a7