2016-08-11 15:57 | カテゴリ:
下の畑2で垣根仕立て梨の「八雲」や「幸水」の様子を
観察していましたら、兄が来まして、
「今、家に幸水を置いてきたから・・」とのこと。

帰り際にブドウの「ハニーヴィーナス」が少し色着いて来たので、
一房を手土産に。

家に帰りますと、7Lサイズの富士梨「幸水」がありました。
1fujinasi160811_004.jpg




カタログサイズは中の大で240~280g位ですが、
プロ農家の「幸水」は大玉品種の梨に変身です。
1fujinasi160811_008.jpg
同市内は古くから梨栽培は盛んで、
幸水・豊水が知られています。


下の畑2で収穫していた「八雲」と「幸水」を並べてみました。(^_^;)
プロの幸水は果梗の太さが半端ないです。
1fujinasi160811_010.jpg




スモモも最終果となりました。
初生りの「ケルシー」ですが玉太りが不調でした。
1kerusi160811.jpg




若干の赤味を示しだしたので全収穫です。
1kerusi160811_002.jpg
来季はもう少しまともなスモモを狙いましょう。



上の畑内の晩生種「太陽」も全収穫です。
小型バケツに一杯となりました。
果粉(ブルーム)の良く載ったスモモです。
1taiyou160810_001.jpg
予想外に傷み果も少なく上出来な収穫でした。
3、4日の追熟後が食べ頃でしょう。

::




スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/770-f7bbd7c1