2016-07-12 19:20 | カテゴリ:メダカ
下の畑2の草刈りでもしましょうかと出かけましたが、
中古の刈り払い機が不調でエンストしまくりで中断しました。
刈り払い機の調達が急務です。

話題はガラリと変わって、
趣味でやっているメダカ飼育の話題です。
今年は面白い品種を追加しました。

以前、金魚飼育に填まっていた頃には、
ヒレ長系統の庄内金魚などを飼育していましたが、
メダカにもヒレ長改良種が出現しています。

「風雅朱赤ヒレ長」や「風雅幹之スワロー」です。

最近の流行はラメ系統のヒカリ物が好まれるようですが、
横見で楽しめるヒレ長も魅力的です。
1hirenaga160712_008.jpg
既に産卵も始まっていまして、少ないですが稚魚も確保できつつあります。



幹之系にもヒレ長が出現し、銀ラメも見られます。
1hirenaga160712_014.jpg
こちらもそろそろ産卵しそうな成体魚になりつつあります。


そんなメダカ飼育に生き餌は貴重なんですが、
今年初めて「ミジンコ」の繁殖を手掛けてみました。
種ミジンコはヤフオクで入手できます。

繁殖に必要なエサは各種紹介されています。
「イースト菌」、専用のエサ「ムックワーク」、「ほうれん草パウダー」、
「大麦若葉パウダー」、「ビール酵母」、「発酵鶏糞」・・・等々

色々試してみましたが、現状は「ほうれん草パウダー」と「大麦若葉パウダー」
が良好です。
1mijinnko160712_024.jpg
成魚水槽にミジンコを入れますと、
必死に追いかけて捕食する様は自然界そのものです。



更に話題は飛びまして、今年の春先のことです。
AliExpressでキャブレターを検索していましたら、
果樹や野菜・草花の面白そうな種に目が留まりました。
ドワーフ・チェリーやバラの種などの花木種子は5品種程播きましたが
全く発芽しませんでした。

一方、トマトの木の様な格好でイチゴが生るらしい「クライミング・ベリー」を
2カ所から取り寄せてみました。
どちらも送料込みで1ドル前後です。

この写真はAliExpressのホームページの画像を引用しています。
1EL160711_a.jpg




播種時期がやや遅れましたので、株の成長は越冬して来年から本格化でしょう。
種は1,2週間冷蔵保存後に播種とありましたが、
即播種しても問題なく発芽しました。
1ELberry160711_006.jpg
6月頃のポット上げした株は既に開花・結実していますが、
野いちごの様に小さいです。
また、この苗ではシュートが伸び出す様子が顕著ではありません。



やや遅れて、届いたクライミング・ベリーも同様の成長経過です。
1ELberry160711_007.jpg
こちらの苗では幼苗で有りながらシュートが伸び出して来ました。
巻き付けて栽培するのに丁度良い感じです。



どちらも本格的な大鉢、地植えはやっていませんが、
2,3本ずつ路地植えで様子を見てみようと考えています。
1EL160711_004.jpg
トマトの木の様にイチゴがツリー状になったら面白いことです。
安い種でも結構楽しめます。

::


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/757-40576c13