2016-06-24 18:34 | カテゴリ:日本みつばち
今年の4月15日に筑後からやって来た日本みつばち
予想以上に強群となりまして、
今後どうしましょうかと思案の毎日です。

西洋蜜蜂では人口分蜂も有るようですが、
日本みつばちの強群に対しての人工的な分蜂法は無いものでしょうか。

4月16日の設定時の写真です。
巣門+重箱が3段で始めています。
1hati160416b.jpg  
送って頂いた時点で、追加用の重箱が1段用意されていました。



5月9日の内検では重箱の1段目にまだ空きがあり・・
1IMG_20160509.jpg 




5月31日時点で、
1段目を占領していますがまだ2段目までは伸びていませんでした。
1IMG_20160531a.jpg




ところが6月18日に覗いて見まして驚きました。
既に3段目まで埋め尽くし、
横から見ますと巣門部分に一部が垂れ下がっていました。
1IMG_20160618_105522.jpg


慌てて、兄に助けを求めて、
4段目をこの日の午後に実施しました。

私が上部3段を持ち上げて、
兄が4段目を巣門の上に置く手立てでした。

この上部3段が予想以上に重くて、
抱え上げるのに苦労しました。

4段目を差し込む隙間を確保するだけで、
ギリギリの持ち上げでした。
1DC160623.jpg
その後の展開が心配でして、
急遽、5・6段目の重箱を作成しました。

昨日、この追加重箱を一人仕事で追加しました。

3段の重量に肝を冷やしましたので、
キウイ棚に単管パイプを渡して、
ハンドウインチで吊り上げての作業にしました。

僅か5日程度ですが、既に4段目が満タン状態でした。
今後、この追加部分も一杯になることが十分予測できます。
1DC160623_003.jpg





1DC160623_002.jpg
さて、今後の対策や如何に・・?

通常の採蜜は秋頃からのようですが・・。


分蜂を予測して捕獲準備や、
巣箱の用意も万全なんですが・・。
1IMG_20160623_165937.jpg

夏分蜂となるのでしょうか。
目の離せない「日本みつばち」事情です。

::



スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/751-4e40a6ff