2016-05-24 20:41 | カテゴリ:もも
漸く通常のルーチン的な農作業が出来るようになりました。
その、第一弾が桃の最終摘果と袋掛け作業です。

昨日から始めていましたので、
丸2日間の作業となりました。

今年のテーマは鬼摘果で少量管理・・です。
言い換えますと、面倒な袋掛けは少なめに・・したい、と言うことです。

使用した紙袋は、正確には把握していませんが、
400~500と言ったところでしょうか。

畑2では、白麗・桃水・はなよめ・野沢白桃などです。
1hakurei160523_004.jpg
この「白麗」は昨年の半分以下に摘果しました。



「桃水」は昨年の1/4程度残しました。
1tousui160523.jpg




この2種は、10個以内に納めました。
1hanayome160523_002.jpg




畑1では10種ほどの摘果・袋掛けをやっつけました。

蟠桃も今年は残り果は少ないです。
基本的なところですが、無傷の実を残しました。
1bantou160524.jpg





1banto_simi160524_021.jpg




「田上姫」は縮伐していたので、
当然結実数は減少でした。
1tagamihime160524_006.jpg




最終摘果後に袋掛けですが、
良玉限定です。
1tagamihime160524_020.jpg




「なつおとめ」と「ハネージュ」。
1natuo_haney160524_022.jpg
この畑の「はなよめ」と「野沢白桃」にもチョッピリ袋掛けしておきました。



畑1では栗の「ぽろたん」が開花中でした。
今年は復活の豊産でしょうか。?
1polotan160524_015.jpg




花穂には、小型のコガネムシが集まっていました。
1polotan160524_016.jpg

この後、上の畑の「山吹大玉あかつき」、「なつっこ」、「日川白鳳」の
摘果・袋掛けして完了でした。

次は梨とりんご、そしてぶどうですね。


::


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/740-05743cbc