2016-05-19 21:00 | カテゴリ:さくらんぼ
桜桃の「ジョイント栽培」発案者さんはS.F.Takaさんです。
Takaさんのジョイント公開ブログを是非覗いてみて下さい。

Takaさんの先行実験から遅れること1年後に
私も畑2でジョイント栽培を開始しています。

この時点では、桜桃苗の数が用意できず、
完全にジョイントできたのは2014年の事でした。
1J_uetuke011205.jpg
抜けた部分の桜桃苗はこの年に居接ぎ苗を作成して2014年の植え付けに備えました。




畑1では不織布ポット植えで4本の実験的ジョイント栽培を試行しています。
1joint022118.jpg

ジョイント栽培って、何が面白いの・・?
分かったような玄人じみたことは言いません。

「大玉・高糖度のサクランボつくり」黒田 実著書にある一本棒三年枝栽培、
これをやってみたかったのですが、
そんな成木も無く、十数年も待てる歳でもありません。

何と凄いことに、この長果枝栽培を実践していたのが
S.F.Takaさんでした。

梨のジョイント栽培が面白そう・・などと、
談笑中にS.F.Takaさんが桜桃でもジョイントが良いかも・・。
即実践でした。

桜桃のジョイント栽培では、
あこがれの長果枝栽培が短期間で可能かも・・?
ジョイントの完成目標値は、各苗の太さが大人の腕位でしょうか。

ウチのジョイントは2014年完全連結から丸2年で開花しています。
この60年生佐藤錦は丸3年目の部分です。
1_60年生160426_010
一応、一本棒二年枝の様子です。
S.F.Takaさんによれば4年枝くらいまでは使えそうです。



花数は本場の開花を見るとガッカリですが、
素人的に初開花ではこの程度でOKでしょう。
1joint160422_004.jpg

セッセと保存花粉で授粉しましたが、
ご存じのように、今年は全人工授粉がこの保存花粉でしたので、
全滅でした。

一時的には、結実かとほくそ笑んだのですが、
散々な結果となりました。
1_開花早豊産160426




まだこの頃は、一生懸命授粉に通っていました。
1_ジョイント160426_017




結果的には不完全授粉でして、
全て落果しました。
1jyufun160513_004.jpg




本日のジョイント全景です。
ここに結実果が写っていないのは計算違いでした。
1_H2_joint160519_016.jpg
雨避けもこのサイズでピッタリでした。



連結部分も1年早いと太さがかなり違います。
1_H2_joint160519_022.jpg




ガッチリ結合して継ぎ目も明白で無くなっています。
1_H2_joint160519_028.jpg
本日、残った実を数えて回りましたが5,6粒でした。



畑1の4本ジョイントですが、
根域制限で成長もコンパクトです。
花芽付きは良さそうですが、ここも不完全授粉でした。
1_JointH1160519_006.jpg

来季のリベンジを胸に深く刻み込みました。

今後は、S.F.Takaさんのジョイントの進捗を見守りましょう。

::



スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/739-721fb9a5