2016-05-14 15:54 | カテゴリ:チェリーポット
昨日の続きみたいな内容ですが、
今日はチェリーポットの失敗要因が判明して、
来季への取り組みに少し光明が・・。

結果的には昨年より悪いかも知れませんが、
開花状態が良いポットでも授粉していなかった状況は、
用いた保存花粉によるもので、
花粉さえしっかり管理できれば今季の開花状況は前進と言えるかもです。

無残に残骸だけがさくらんぼ置き場に所狭しと並びます。
1CP160514_003.jpg




優良系佐藤錦のポット苗、
1ポット100円で如何でしょうか。?

ご近所の方で取りに来られる方、大歓迎です。
1CP160514_010.jpg
こんなに苗があっても利用できませんので、
近々、処分します。



結果的に結実しない理由だけが判明した形ですが、
4月2日の当ブログ記事でも触れていますが、
開花時の花びらの開き方が理想的なCPも有りました。
1CP160514_012.jpg 




今季の開花を再現できれば、
来季は良い結実も可能かと考えています。
1CP160514_017.jpg

こう言う事もあるという苦い経験でしたが、
自然相手の果樹栽培ですので、
良い年、悪い年と繰り返しで一喜一憂の世界でしょう。



サクランボ置き場の桜桃ですが、
極めて少ない結実ですが色着き出した様です。
1beniyutaka160514.jpg




この豊産性の「正光錦」だけが、
例年通りとはとても言えませんが、
過酷な授粉状況でも耐えたようです。
1seikou160514_005.jpg

来季のリベンジを深く心に刻んだ次第です。

::


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/737-e03aee67