2016-05-08 15:30 | カテゴリ:キウイ
まるまる8年目めにして、雌木苗を見つけました。
2年ほど前から同じ実生苗の中から雄木は3,4本開花していますが、
雌花を見るのは初めてとなります。

2007年の12月に購入した「さぬきゴールド」の種を採取して、
実生苗に挑戦でした。
翌年の1月に発芽して以来の雌花初開花です。

既にこの実生苗を送った栽培家さんでは、
2年ほど前に結実したとの朗報を頂いた方も居ましたが、
私の管理不足で今日に至りました。

咲き出す前から雄花の蕾の着き方と違う感じを受けていました。
雄木の花芽は小さくて沢山着いていますが、
この雌木の蕾は大きくて少ないです。
1sanukiGmisyou160508_008.jpg




開花し出した初花を見つけました。
比較的立派な花です。
棚奥でしたのでピントズレです。
1sanukiGmisyou160508_006.jpg
雌花の背後に回って撮影しましたが、
前の枝にピントが合ってしまいました。



恐らくこの実生苗も雌木の可能性が高いかと・・。
花数が疎らで蕾は大きめです。
1sanukiGmisyou160508_005.jpg
この棚にはもう一本、雌雄の判別の出来ていない実生苗が有りますが、
今年は着蕾しませんでした。

さて、どんな実になるのやら。
結実・肥大・収穫と楽しみなキウイです。


キウイ棚では、
早生種の紅芯系の結実がハッキリしてきました。
1kouhi160508_024.jpg




今年の紅芯系雄花の「早雄」は例年になく遅い開花で、
雌花に遅れること3日後の開花でした。

その性か、レインボーレッドの実止まりは少なめです。
1rainbowRed160508_027.jpg




現在は黄肉系が花盛りでして、
棚下の日本みつばちかは定かでは無いですが、
花を飛び交う羽音が心地よい響きです。
1Jyelow160508.jpg
黄色い花びらは授粉の証でしょうか。



「MG-06」も黄色い花が多く見られます。
1MG160508_014.jpg




咲き出したばかりの「ゴールドエンペラー」です。
1Gemperar160508_010.jpg




「ゴールデンキング」も同時期開花のようです。
1Gking160508_015.jpg




晩生の「香緑」・「香緑F1」・「ニューエメラルド」は
まだ蕾のままです。
幸いなことに、雄木の「APメール」がやや先行開花となりそうです。
1APmail160508_022.jpg




雌雄開花の「ニューエメラルド」もまだ蕾です。
1Newemerard160508_020.jpg

ここのキウイは、樹形改善していますので、
収量減かと予想していました、
開花状況を見る限りではそれほどの減少は無いかも知れません。

::



スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/734-c9fb318f