2016-04-23 15:47 | カテゴリ:さくらんぼ
趣味栽培家さんのブログでは
桜桃の結実状況のアップが始まったようです。

我が家の庭先サクランボは如何に・・?
まあ!こんなところが妥協点でしょうか。

所狭しと並んだ鉢植えや地植えの枝が
重なり合っている様子は相変わらずです。

日本一さんのところでも出ていた同年生の「紅ゆたか」ですが、
花数の割に結実は少なく人工授粉でもこの程度は、
実止まり不良かもです。
1beniyutaka160423_004.jpg




短果枝ばかりの「紅秀峰」は、
この辺が妥協点かも知れません。
1benisyuhou160423_013.jpg




鉢植えの「紅福」は、
味見程度は着いた様子です。
1koufuku160423_008.jpg




「さおり」もポツリポツリと結実しています。
1saori160423_006.jpg




花数は少ない方の「正光錦」の結実率はかなり良い感じです。
7~8割の打率でしょうか。
1seikounisiki160423_009.jpg
もう一本の豊産性「正光錦」は、
4~5割と言った感じです。




1seikounisiki160423_012.jpg




もう一本、花数の少ない「香夏錦」も

高打率を示しています。
1koukanisiki160423_001.jpg

沢山花が着いても残るのが少ないならば、
こんな感じで花数は実が止まる分だけ有れば十分でしょう。



畑2の昨日ですが、
キウイ棚では紅芯系の開花が始まっていました。
しかし、例年であれば雄木の「早雄」も
ほとんど同時開花なのに、今年は遅れています。

1、2日ズレ位でしょうから、
ジッと静観の構えです。
1kiui160422_002.jpg

棚下の日本みつばちは
このキウイの授粉に活躍してくれるでしょうか。


昨年、西洋蜜蜂がスズメバチの襲撃で全滅した
苦い経験から、
今回は早目の対策を講じました。

狭くなって窮屈な出入りになりますが、
日本みつばちには慣れて貰います。
1mitubachi160422_001.jpg
見ていた範囲では、
何とか出入り出来ている様子です。

::


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/727-5ed94cdb