2016-04-09 18:33 | カテゴリ:果樹台木
庭先に2、3m程度離れたところに
酸果桜桃の「モンモレンシー」があります。

1本はコルト台に居接ぎで、もう1本は暖地桜桃台です。
「暖地桜桃台」のモンモレンシーは3日ほど前から開花し出しています。
1monmo160409.jpg




一気に開花とは行きませんが、
日々開花数は増しています。
1monmo160409_001.jpg




一方、コルト台の「モンモレンシー」はまだ開花無しです。
1monmo160409_004.jpg




暖地桜桃台から4、5日遅れで開花しそうです。
1monmo160409_006.jpg
台木の違いで同じ品種でも開花時期が異なる状況です。

暖地桜桃(中国実桜)は既に結実している極早生桜桃樹です。
この早生系統は台木利用で居接ぎした穂木の開花時期を早める・・
可能性が窺われます。


上の畑内では、
ニコニコットの保存花粉で授粉した「ハーコット」に結実兆候が・・。
授粉のため葯を刈り取った「ニコニコット」自体でも結実です。
1harcot160409_014.jpg
ニコニコットと同時期に発売の「おひさまコット」は極晩生でして、
今頃開花し出しています。

余りお薦めできない品種です。

同じ畑内の多品種接ぎ梨では、
日本梨が先行して開花中です。

品種は違っても花の外見はほとんど同じですね。
1nasi160409_008.jpg




授粉はお任せでやっています。
1nasi160409_009.jpg




直ぐ隣ではリンゴの開花が始まっています。
こちらもお任せ授粉です。
1orin160409_012.jpg




昔懐かしい、王林などの改良品種に使われた
「ゴールデンデリシャス」です。
1Gdeli160409_013.jpg

店頭ではほとんど見かけない品種は
自家産に限ります。

::

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/722-8a3e2df7