2016-03-31 18:42 | カテゴリ:
比較的良い天気が続いています。
各果樹も順調な開花状況でしょうか。

今年は除草剤散布を控えて、
「草生栽培」に切り替えて見ましょうと・・。
しかし、シロザ、ギシギシ、ヨウシュヤマゴボウ、コセンダングサ・・
など好かない雑草は三角ホーで早目に堀取りしました。

カラスノエンドウ、ホトケノザやシロツメクサなどを主体に
草生栽培の果樹園を目指してみます。

一仕事終わった後は、
垣根仕立て梨の花芽の様子を観察しました。
既に開花し出した梨品種もありますが、
授粉樹の「豊水」や「八雲」はまだ開花していません。

何とかなりそうなのが、桃の花です。
一応、桃花粉で梨が授粉できるようです。
垣根仕立ての梨の南面で開花中の「桃夭」です。
1touyou160331_027.jpg




東西に15mを2列の垣根仕立て梨。
西から撮影です。
1nasi160331_015.jpg




果樹仲間のお一人は、
昨年の収穫で1kg超えを果たしていました。
大玉品種で豊産性の「愛宕」です。
1atago160331_013.jpg




青梨の代表格。
「ゴールド二十世紀」です。
1G20s160331_008.jpg




1本は植えておきたい代表的な授粉樹です。
食べても美味しい「豊水」です。
1housui160331_011.jpg




豊産性ですが味は今一の「J新高」です。
1Jnita160331_022.jpg




味・大きさ・栽培し易さ・・など、
外せない「にっこり」です。
1nikkori160331_018.jpg




導入後2年位の開花時期は遅かった「八雲」ですが、
漸く当地の気候に順応したようです。
S遺伝子型は特異で貴重な授粉樹です。
1yakumo160331_024.jpg




昨年導入の「甘太」に花芽です。
梨で糖度が15度と、極甘梨で注目品種です。
何とか味見したいですね。
1kanta160331_026.jpg
1年生棒苗を植え付けて翌年のことですが、
花芽が着いたのはラッキーですね。



そんな畑2のキウイ棚では早生種の紅芯系キウイに蕾が見られます。
1kouhi160331_004.jpg



3種の紅芯キウイは
ほとんど同じような推移を示しています。


1kurenai160331_006.jpg




「レインボーレッド」も蕾が確認できます。
長梢栽培に変更で、
今年は減収でしょうが、
少ない枝にはそれなりの蕾です。
1Rred160331.jpg

来季の為に、
長梢剪定を確立したいところです。

::


スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/717-be8e22fb