2016-03-05 16:05 | カテゴリ:
早生梅の「南高」は既に花びらが散りだして、
花柄が汚れて見えます。

その直ぐ横にある「豊後」の開花が始まったようです。
例年、我が家の梅品種では晩生の代表になっています。

しかし、同じ梅品種でも畑違いで開花時期は大分異なってきます。
例えば、畑1の「露茜」は完全に満開時期を過ぎていますが、
この畑2の露茜はまだ開花し出しても居ません。

アンズ類と丁度良いタイミングで咲き出すかも知れません。

畑2の「豊後」梅
1bungo160305.jpg




萼片の小豆色が特徴的な豊後の花です。
1bungo160305_001.jpg
授粉は全て自然任せでやっています。



上の畑内の「暖地桜桃」の花芽が割れて
一つ一つの蕾が見分けられる様になりました。
1dantioutou160305_012.jpg




蕾はピンクっぽい色相ですが、
開花時は真っ白な花になります。
1dantioutou160305_010.jpg




同じく上の畑内にあるリンゴの居接ぎですが、
葉芽が展葉し始めていましたので、
保湿袋の下止めを外してスッポリ被せるだけにしました。
1roseparl160305_004.jpg




新梢の伸びを阻害すること無く、
程よい湿気を維持する狙いですが、
風で飛ばされてもOKです。
1rubysweet160305_006.jpg

スモモの高接ぎでも葉芽が動き出していました。
今日の様な暖かい日が続きますと
一気に芽動きが始まるでしょうね。

::



スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/706-fd4c368a