2016-02-26 20:03 | カテゴリ:さくらんぼ
このところ、持病の腰痛が起因していると思われる、
左大腿筋痛で長時間の立ち仕事が出来ない状況です。

新規の整骨院に通っていますが、
治療状況は芳しくないです。

保険がきかないので
割引価格の回数券を購入しましたが失敗でした。
自宅近くの整骨院に早く切り替えたいところです。

今日も、治療してきましたが筋肉痛は治まりません。
負荷の少ない動作しか出来ず困ったものです。

午後から、果樹達の動きを観察して回りました。
例のCPは更に花芽が膨らんだポットも見られました。
但し、一方的に喜んでも居られません。
授粉樹の「紅きらり」が早すぎるかも・・。
1CPbenikira160226_011.jpg




佐藤錦では1月23日の開花早い系が最も早いかも・・。
しかし、紅きらりとの差は明白です。
1CPkaikahaya160226_013.jpg

リアルタイム授粉を狙ったポットですが、
中々思い通りには行きませんです。


因みに、同じ場所にある地植え桜桃の様子を見ますと、
「紅ゆたか」の花芽にはほとんど動きの気配は見られません。
1beniyutaka160226_015.jpg



同様に、さくらんぼ置き場には、
昨年のチェリーポット(CP)が残っています。
これらのポットでは目立った動きはほとんど無い状態です。
1O_CP160226_017.jpg




10ポット近く残っていますが、
どれも似た様な状態でした。
1O_CP160226_019.jpg

如何に「紅きらり」や「佐藤錦」の芽動きが早いかが
この比較でお分かりになったと思います。

昨日の24時間気温を加算したチルユニットは、
漸く1400時間をクリアーしたところです。


例年、早い開花の中国実桜の「暖地桜桃」の花芽は
丸くなってきました。
1danti160226_006.jpg




単核類のスモモは小さい花芽ですが、
膨らみだしているのは見て取れます。
1kiyou160226_009.jpg



今年の1月に居接ぎしていた
りんごの穂木に芽動きがハッキリと確認できる程に・・。
右はややズームアップしてみました。
1rubySW160226_001.jpg




この画像では新芽がやや見難いですが、
同様な進捗を示していました。
1rosePR160226_002.jpg

確実に季節の変化を感じ取っている果樹ですね。
3月からは気温も上昇との予報です。
一気に芽動きが加速するかも・・です。


久しぶりにビワの居接ぎを行ってみました。
畑2に親木があるのですが、
いつの間にかバックアップ苗が無くなっていました。
1daigo160226_004.jpg

一応、予備苗を確保しておきませんと・・。

::

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/700-c20bc873