2016-01-30 16:40 | カテゴリ:チェリーポット
昨日は1日中の冷たい雨で何も出来ませんでした。
午後3時頃に桜桃穂木の宅配便が届きました。

1月28日、山形のS.F.Takaさんの畑に鎮座する
60年以上の樹齢を維持する「佐藤錦」の剪定作業でした。

通常の成木の3本分位の剪定時間を要したようです。
この時の様子はS.F.Takaさんのブログ
”桜桃栽培とゴルフ・音楽・時事ネタ”でご確認下さい。

昨日は、段ボール箱を開けずにそのまま保管していました。
今朝も氷雨降る早朝でしたがテラスに吹き付ける程では無いので、
CPの居接ぎ作業を決行しました。
気温は5℃前後と冷えていました。

届いた段ボール箱を開けてみますと
たっぷりの穂木が入っていました。

通称”60年生佐藤錦”と呼んでいるこの桜桃樹は、
S.F.Takaさんの畑に残る樹齢60年以上の「佐藤錦」でして、
本場の山形でもこの位の樹齢を維持する佐藤錦は少なく、
貴重な桜桃樹の1本でしょう。

私は2011年6月にこの佐藤錦本体と対面していますが、
その偉大さに驚愕した事を忘れられません。
1hogi160130_008.jpg




今日はS.F.Takaさんには内緒で、
2011年にお邪魔したときの画像を使って懐かしんで見ました。
1sotou60nen0623.jpg  
あれから、雪害や強風で太枝を2カ所ほど失っていますが、
依然主力株として健在です。


穂木をアップで眺めてみましょう。
この佐藤錦も大玉傾向にあり優秀な桜桃樹のようです。
1hogi160130_004.jpg




この立派な花芽が無事に開花しますと、
CPもその時点で成功の確率が80%以上と見積もっています。
 1hogi160130_001.jpg




今日の佐藤錦穂木は37本でした。
1itugi160130_009.jpg




授粉用樹の「紅きらり」は3本です。
1itugi160130_011.jpg




本日居接ぎしたポットは40ポットでした。
1CP160130_012.jpg




S.F.Takaさんとの相談で、今回でCP作成は完了としました。
1CP160130_015.jpg
授粉用樹を含めて84本の居接ぎを行いました。

4月の開花時期までジックリ待ちましょう。
果報は寝て待て・・ですかね。

::

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/689-286423cf