2016-01-10 19:37 | カテゴリ:接木
昨年の11月末頃でしたでしょうか。
庭先にたくさんの藤を置いているので、
ご自身の藤の盆栽を引き取って貰えませんか・・と、
写真持参で壱岐さんご夫婦が訪ねてこられました。

ご高齢で植え替え作業も困難になるので、
継承してくれる栽培者を探しているようでした。

私自身は既に置き場所も無く、
最近では藤を何本か処分した事情などをお話しまして、
どなたか欲しいという方がいましたら連絡して下さいと、
藤の写真と連絡先を預かっていました。

その後、
兄と壱岐さんの奥さんが知り合いであったことが判明しました。

本日、下の畑2で遊んでいましたら、
兄がこの新聞記事を壱岐さんから預かった・・と言うことで、
「お世話になりました」との伝言でした。

何とあの藤盆栽は浜松のフラワーパークに行ったようです。
市内在住の樹木医:喜多氏の手配で・・・。
その時の新聞記事と関連写真です。
1fuji160110_015.jpg
写真の塚本理事長は、
「あしかがフラワーパーク」の大藤移転・管理で
園の再建に関わったことは有名で、
TVでよく見かける日本女性樹木医第1号である。
現在は「はままつフラワーパーク」にも関わっている。

ホッとしたところで・・・


今日も、畑2で接ぎ木などを熟していました。
実生「さぬきゴールド」の雄木確認済み苗は、台木として生かします。

今日は紅芯系の雌雄苗を作るための
接ぎ木作業でした。
通常、1月末から2月初旬が適期ですが、
暖冬の今年は早目で対応してみました。
1kiui160110_009.jpg




「レインボーレッド」、「紅妃」とその雄木の「早雄」など・・
1kiui160110_010.jpg
8カ所ほど処理して、キウイの接ぎ木は完了です。



先日の桜桃雨避けハウス内に残る3年生「青葉台」です。
1outo160110_001.jpg
良い感じの枝配置の台木ですので残していました。



この枝に直接60年生「佐藤錦」を接いで、
速成収穫株の試みです。

青葉台の枝を切り詰めて、
佐藤錦を接ぎ木しました。
1outo160110_002.jpg




8本の枝に接いでいますが、
成長と共に微調整は必要でしょう。
1outo160110_006.jpg
現時点での樹高は60cm程です。
低いところから枝配置できているので好都合な台木でした。

無事に活着して欲しいものです。

::



スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/679-9c9fba8f