2015-10-13 16:39 | カテゴリ:桜桃台木
今春のチェリーポット作成過程の反省点として、
台木準備が遅かったことが悔やまれました。

その経験を基に、早目の準備を始めました。
まだ落葉していませんがポット上げ後の根動きを期待して、
早い施行となりました。

下の畑1には今春、直挿ししていた「青葉台」が17本根着いていました。
1aobadai151013_001.jpg
青葉台の発根率は100%近くて、即席の台木作りには重宝します。
直挿しでも問題なしです。


挿し木苗を切り詰めて堀上しました。
自宅に持ち帰り2,3時間水揚げです。
1aobadai151013_002.jpg




6号ポリポットに鉢上げしますが、
根鉢は良好でした。
1aobadai151013_004.jpg




17本全てポット上げ完了です。
1aobadai151013_006.jpg
下の畑2にも直挿し青葉台苗がありますので、
近々ポット上げ第2弾を実施の予定です。



こちらは今春、挿し床に挿し木した青葉台苗を
梅雨時にポット上げしていた苗の様子です。
1aobadai151013_011.jpg
肥培管理してきましたが、
来年の1,2月頃の台木として十分な太さを確保できたと思います。




上の畑内の多品種接ぎ梨で
中国梨の「ツーリー」が落下していましたので
樹上の実も全部収穫しました。
1tury151013_014.jpg
この梨も追熟が必須な品種でして、
まだ本当の味を経験していません。

玉サイズは十分なんですが・・。

::




スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/639-1b4ef75f