2015-10-09 18:14 | カテゴリ:りんご
今年のリンゴの惨状は下の畑1,2は酷いです。
農薬散布していたものの長雨の時期に惨敗でした。
そんなリンゴの中で辛うじて何とか体裁を維持できた上の畑内でした。
それでも落下や傷み果は少なくない状況です。

台木として残る「アルプス乙女」ですが、
毎年結実は良好です。
狭い上の畑内では写真撮影角度は限定的です。
1ALotome151011_026.jpg
*カメラの日時設定で日にち設定を間違えました(^_^;)
左画像は南面から、右画像は北側から・・


「らくらくふじ」に高接ぎの「ゴールデンデリシャス」です。
1Gdeli151011_013.jpg




黄玉リンゴの大元みたいな品種です。
1Gdeli151011_014.jpg




かなり黄色っぽく成ってきた「ジャンボ王林」です。
1Jorin151011_029.jpg




「シナノゴールド」も黄色が乗ってきました。
1sinanoG151011_011.jpg




収穫したリンゴ類です。
1ringo151011_035.jpg




畑内には3本の柿の木があります。
黒柿に高接ぎした「基肄城」と太秋に高接ぎの基肄城です。
1kijyou151011_005.jpg




一本立ちの「太秋」は木の大きさの割に
毎年確実に結実する優良木です。
1taisyu151011_019.jpg




今年の黒柿は、
結実が少ない分玉サイズは大きめです。
1kurokaki151011_007.jpg




鉢植えの「レモン」は肥大中です。
1lemon151011_004.jpg




小さいブドウ棚では撤退したはずの「ビッテロビアンコ」が結実しています。
元々この棚は、欧州種2品種用に作りましたが、
現在は「ゴルビー」用となっていて、片隅で蔓を伸ばさずぬ残した欧州種です。
1vitterovianko151011_009.jpg




1房のみ残しました。
1vitterovianko151011_031.jpg
摘まんでみますと良い味でした。



別名はレディーフィンガー(淑女の指)と言われる薄皮のブドウです。
1vitterovianko151011_033.jpg

これで今年のブドウも終わりました。
漸く自家産を味わえた年と成りました。

来季はさらなる飛躍を期して・・・。

::




スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/637-b4c49109