2015-10-05 15:44 | カテゴリ:キウイ
10月になりますと早生のキウイが収穫時期になります。
紅芯系は平均的には10月下旬頃から11月初旬が適期で、
黄肉系では「MG-06」が極早生で10月中旬頃から熟します。

「紀州ゴールド」も比較的早い品種でしょうか。

極晩生種は「香緑」、
「ゴールデンキング」や「ゴールドエンペラー」辺りでしょう。

3カ所にキウイ棚が有りますが、
下の畑2のキウイ棚が一番広い棚サイズです。
棚下からのショットです。
1kiui151005_016.jpg




結実不良だった紅芯キウイです。
淋しい結実です。
1Rainbow151005_014.jpg




「紅妃」も収穫後の棚のように少ない実付きです。
1kouhi151005_013.jpg




黄肉系の「アップルキウイ」です。
1APL151005_005.jpg




もう少しで収穫が可能になるでしょう。
美味しい品種ですが生らせ過ぎで小玉です。
1MJ151005_003.jpg




「紀州ゴールド」も摘果不十分でした。
1kisyu151005_006.jpg




「ジャンボイエロー」も来季はしっかり摘果しましょう。!!
1JY151005_007.jpg




実付きは決して良くない品種ながら、
今年の状況には満足しています。
1Gemp151005_009.jpg




樹上で完熟は無理ながら、
落葉時期まで残しておこうかと考えています。
1Gking151005_015.jpg




木がまだ若い「香緑」は来季に期待です。
1kouryoku151005_011.jpg
大きな俵型の実を着けたいところです。



上の畑内の多品種接ぎ梨のラフランスです。
1週間ほど冷蔵庫で保冷した後に
室温で追熟します。
1lafrance151005_019.jpg

西洋なしの追熟は非常に難しいです。
この追熟がクリアーできますと
美味しい西洋なし栽培も面白いのですが・・。


::





スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/635-7353298b