2015-09-03 16:17 | カテゴリ:
朝方に雨が降っていないのは久しぶりのことでした。
遅ればせながら、9時半過ぎに下の畑2に出向きました。

イチジクも熟れていましたが、水っぽくて美味しくない実でした。
長雨の影響はイチジクに限らず、
雨避けの無い垣根仕立てブドウも傷んでいます。

晩生桃の「桃水」も紙袋ではほとんど全滅状態でした。

そんな果樹の中で垣根仕立て梨だけは持ち堪えています。
早生種の収穫が続きます。
1nasi150903_010.jpg




今年が初収穫の「ゴールド二十世紀」は2列の垣根に2本あります。
摘果してないので玉サイズは小玉です。
1G20seiki150903.jpg
畑で味見してみますと、
酸味の無いジューシーな青梨でした。



見かけよりは味で勝負です。
1G20seiki150903_003.jpg 
昔、家内の両親が送ってくれた「二十世紀」梨が懐かしいです。
あの頃の梨より甘いかも・・。


1年遅れの2本目にも生っていました。
1G20seiki150903_006.jpg
寄せ集めますと、バケツ一杯くらいで結構な量です。
垣根仕立てでも十分楽しめる収穫量です。



赤梨の「筑水」と思っていた木は青梨でした。
20世紀梨とも違うし、この時期の青梨で手持ち品種から推測しますと、
「なつしずく」っぽい感じです。
1natusizuku150903_005.jpg




収穫果を味見してみますと、
甘くて酸味無くジューシーでした。
取りあえず「なつしずく」と言うことで・・。
1natusizuku150903_004.jpg

9月に入りますと「豊水」や「秋麗」の収穫となり、
しばらくは梨の消化が続きそうです。

::




スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/620-822581e9