2015-08-27 16:10 | カテゴリ:
上の畑内でラ・フランスの元木に
和梨や洋梨を30品種以上高接ぎしています。

それぞれ収穫時期が違いますから、
カタログ防備録を確認しながらの収穫です。

早生種のカタログ記載では8月中~下旬頃の収穫と承知しながら、
その実の小ささや青さから収穫できずに過塾でダメにしていた「八達」です。

品種検索によれば、
「中国産鴨梨(ヤーリー)♀と二十世紀♂を掛け合わせた古い品種。
栽培方法は、大変難しく超希少品種と言われています。
独特の甘い芳香が、一度食べた人を虜にしてしまう甘露な梨です。
数年前に生産者が購入する際も「幻の梨」と紹介してあったそうです。」

今年は、情報通りに収穫してみました。
1hattatu150827_003.jpg
白い蝋引き果樹袋越しに見える色は緑、そのものです。



小玉で青々した青梨です。
青梨と言えば二十世紀梨の味を思い出します。
でもこんなに青くないですよね。
1hattatu150827_020.jpg
上段に1個、赤梨が写っていますが、
畑2の授粉用高接ぎの豊水1個をもいできました。

八達の1個を味見してみました。
驚きです。
酸味が全くなく、ジューシーで甘さも感じる美味しい梨でした。
面白い梨です。

せめて、250g以上を狙いたいですね。
今後の課題です。
1hattatu150827_018.jpg




更に早生種の「秋栄」”あきばえ”を全収穫しました。
この梨も収穫が遅いと過塾果になりやすいので要注意です。
1akibae150827.jpg




一枝でこの量は成らせ過ぎの典型ですね。
1akibae150827_006.jpg




この梨は「豊水」より早い収穫で、
味は豊水より酸味が少なく美味しい赤梨です。
1akibae150827_008.jpg




ちなみに下の畑2で採った「豊水」は小玉でした。
1housui150827_014.jpg
多品種接ぎ梨には、2カ所に「豊水」の枝が有り、
結実中です。

9月上旬頃に収穫の予定です。

::

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/617-1241eaeb