2015-08-26 18:00 | カテゴリ:イチジク
今日は降ったり止んだりの天気かと思っていましたら、
陽も差して暑い日になりました。

午前中は庭先のブルーベリーに自己ブレンドの肥料を与え、
玄関横の「ヒムロッドシードレス」を全収穫して完了しました。

この時期まで置きますとこのブドウもかなり甘くなります。
残り房ですが6,7kgありました。

下の畑1と2へは1日おきに交互に出かけています。
午後からは、下の畑2に出向きました。

この時期は、キウイ棚下の日陰でビールケースに腰掛けて、
垣根仕立てブドウを眺めながら一服するのがパターン化されました。

スマホをチェックすると、
FB仲間の嶋田さんが「巨峰」をアップされたので、
即コメントを書き込みました。
ブドウ栽培では嶋田さんが良いお手本です。

さて、今日はまずイチジクの収穫です。
このところのしっかりした降雨で水っぽいですが、
今年のイチジクの出来は上出来です。
1daruma150826.jpg
一、二日おきの収穫では、虫の食害は仕方ないところでしょう。




だいたい、一回の収穫はこの位が平均的で、
家内はジャムなどの加工に苦労しています。
1daruma150826_008.jpg




昨夜は、S.F.Takaさんとの会話で、
果樹の摘果作業で盛り上がりました。

”鬼摘果”が出来ないのが素人栽培なんだ・・と言う結論で、
来年はプロのように機械的に鬼摘果しましょう・・と言うことで締めました。

畑2の垣根仕立て梨も摘果不十分の典型例です。
大玉梨の「愛宕」が並び合うのは如何なものかと・・。
1atago150826_006.jpg
無袋でも綺麗な外皮です。



他の梨を観察していましたら、
1カ所に3個!!
即、1個にしておきました。
1ousyu150826_007.jpg




柿にしても摘果が必要ですね。
これも、生理落果やカキノへタムシ被害を考えますと
中々思い切った摘果が出来無いものです。
1jirou150826_002.jpg
小木ながら実付き良好な「次郎」柿です。


成らせ過ぎの「ジャンボ富有」は傾きだしていました。
これも“鬼摘果”が必要です。
来年の課題です。
1Jfuyu150826_003.jpg

プロと素人の違いは、
摘蕾・摘果の程度ですね。

来年はプロの作業を手本に、
徹底的な摘果を目指すぞ・・っと!!!

::

スポンサーサイト

管理者のみに表示する

にほんブログ村 花・園芸ブログ 果樹・野菜(家庭菜園)へ
にほんブログ村
トラックバックURL
→http://weo.blog2.fc2.com/tb.php/616-ed32d441